« 肉萬~キン肉マン萬之書~ | メイン | 東京ゲームショウ2008に行ってくる »

美由衣みなさんこんちわー もう9月も終わり…ってもう年末までまっしぐらじゃん。なんだか1年進むの早いよなぁ。まーでも秋になったらおいしい食べ物あるからいいけどね。美味しい柿が食いたいなぁ。

らびーな栗を使ったケーキなども美味しいですわよ。でもあまり食べ過ぎないようにしませんとね。

紗久那さてさて今日はトレーディングフィギュア「シューティングゲームヒストリカ2SP」の紹介ですよ~ ユージンさんのガチャポンでも発売されている、シューティングゲームの自機をチョイスしたミニチュアモデルシリーズで、前回は「ダライアス」や「グラディウス」等の大御所シューティングからもフューチャーされたこのシリーズ、今回も人気シリーズから意外な作品もチョイスされた構成になってるんですよネ。

美由衣このシリーズは毎回ガチャポンとトレーディングフィギュアの2種類発売されるんだよね。前回はシリーズ違いで別カラーとかやってたけど、今回の2ではカラーリングは同じだけどSPの方がスミ入れしてあるんだよね。のっぺりしたガチャ版よりもスミ入れした方がいいかなーとは思うけど。

紗久那ガチャ版も入手済みなんですけど、今回はSP版の紹介をいたしましょう。まずはタイトーの人気シューティングシリーズは「ダライアス」だけじゃなくって「レイ」シリーズも人気ですよね~ 「レイフォース」「レイストーム」「レイクライシス」と3作品ある中から「レイストーム」の自機「R-GRAY1」を立体化。小さいながらもしっかり羽とかできててかな~りカッコイイ仕上がりです!


R-GRAY1の雄姿(クリックで拡大) 上から見てみた(クリックで拡大)

紗久那次はアイレムの人気シリーズ「R-TYPE」から、「R-TYPE III」の自機「R-90 RAGNAROK」です。このシリーズはアーケードが発祥ですけど、この作品はスーパーファミコンの作品なんですよね。このシリーズおなじみのフォースやビットがちゃんと付属していて、台座には自機に装着するように配置できるのもウレシイですよね。全部配置するとボリューム満載なのでかなりウレシイ一品。

ボリューム満載(クリックで拡大) 横のあたり(クリックで拡大)

紗久那次はナムコよりファミコンの作品「スターラスター」の自機「G.A.I.A」。スターラスターはファミコンながら3Dシューティングっぽい雰囲気を良く表現している作品で、マップ画面でのワープして敵の攻撃されている惑星を死守したりする戦略的な要素も面白い作品でしたよね~ 何気に基地がボスコニアンの敵要塞と同じ形だたりするのが印象的。

なつかしのガイア(クリックで拡大) ガウォークみたいにもできる(クリックで拡大)

紗久那お次もナムコの作品で「スターブレード」の自機「GEO SWORD」です。アーケードゲームでコクピット型筐体は、レンズで大きく投影された画面や体に響くBGMによって物凄い没入感が得られるゲームでした。花博で人気だった「ギャラクシアン3」の一人用アレンジみたいな感じで登場した作品でしたけど、いまだに人気がある作品ですよね。家庭用版も多数移植されていますけど、やっぱりあの筐体でプレイするのが一番だったように感じます。フィギュアの方はコレだけ機体番号の違うのがあるので、両方欲しい人は箱買いがオススメ。

スターブレードのジオソード(クリックで拡大) 番号違い(クリックで拡大)

紗久那次は一風変わってセガの人気シューティング「ファンタジーゾーン」より「OPA OPA」。パステル調の美しく可愛いグラフィックや素晴らしいBGMで一躍大人気となったこの作品。自機のオパオパも可愛くて人気ありましたよね~ 当時セガがスポンサーだったアニメ「赤い光弾ジリオン」でもサポートメカとして登場してたりしてネ。最近はPS2で「ファンタジーゾーン コンプリートコレクション」としてアーケードや移植作なども突っ込んだボリューム満載になって「SEGA AGES2500」の最後のソフトとして発売されたので、ちょっとタイムリーかも。こちらのフィギュアも2タイプあって、ウイング装備して足が生えているのと、ジェットエンジンで足が無いのの2種類。どちらもヘビーボムはオマケで付いてきますよ。

オパオパかわいい(クリックで拡大) ノズル違い(クリックで拡大)

紗久那最後は今回SP版のみのシークレット、ナグザット(現・加賀電子)の「スプリガンMark2」! PCエンジンCD-ROM2でも人気の高いこの作品。ロボット形態でのフィギュア化ということで、ガチャ版の「武者アレスタ」の改造バージョンみたいな感じでのフィギュア化になってるようです。どちらも開発は今は無きコンパイル。コンパイルのシューティングは人気作も多いですけど販売が別というのが多いので、コンパイルの作品と知られていないのもありますよね。

まさかのスプリガンMark2(クリックで拡大) アップで(クリックで拡大)

美由衣今回はロボットも入っちゃってるんだよね。このままこのシリーズが続いていったら超兄貴とか出てもいいかもしれん。

紗久那いや~、サスガにシューティングの自機でメカじゃないものになってくるとちょっと毛色が違うし、それはそれで別に出してくれてもいいかなぁ。ケイブの最近のシューティングでは自機が人間型が多いですしね~ でもまだまだシューティングの名作は多いですし、ぜひとも続いていって欲しいシリーズですね。
 というわけで今回はこのへんで。また次回もよろしくネ。