« 2007年05月 | メイン | 2007年07月 »

2007年06月20日

電撃大王付録 灼眼のしゃなたん コミックVer. フィギュア

美由衣オイッス! 梅雨はいったいどこいったんだ? ってな感じの今日この頃、イキナリ夏っぽいけど既に夏バテとか大丈夫かな? まだまだ夏本番までたっぷり日にちあるし、体調には気をつけてほしいぞ。
 さて今日は毎年おなじみ「電撃大王」のサマーキャンペーンのおまけフィギュアをご紹介だ。今年も去年に引き続き、「灼眼のシャナ」のフィギュアがオマケで付いてくるんだな。今月のフィギュアは「灼眼のしゃなたん コミックVer.」が付録で付いてくるぞ。

紗久那おお、なんだかハダカですね! ヴァンパイアのフェリシアさんみたいな大事な部分は毛が生えてるデザインなんですね~ 黒いマントと黒いオーバニーソックスがなんとなく小悪魔っぽい印象ありますネ。


灼眼のしゃなたん(クリックで拡大) ちょっとせくしー(クリックで拡大) マントと髪の毛(クリックで拡大) アップの表情(クリックで拡大) 鎖骨がステキ(クリックで拡大) しっぽもステキ(クリックで拡大)

らびーなこちらのフィギュアはコミックの単行本にのみ登場されておりましたシャナさんのフィギュア化だそうでございますわ。

美由衣今回も原型はバサロキックさんだ。毎回電撃大王おまけフィギュアの原型担当してるね。今回のフィギュアはなんといってもポイントは「鎖骨」! 去年の「メロンパンカリモフVer」も制服のパーツをはずすと中のステキな鎖骨が見えたんだけど、今回もなかなかの鎖骨っぷり。華奢な風合がかもし出されてなかなか宜しいんではないだろうか。

紗久那・・・なんか物凄いマニアックなトコロ、評価してますね・・・


次号の吉田さん(クリックで拡大) 誌上通販のヴィルヘルミナさん(クリックで拡大)

美由衣なんかこーいう部分に原型の方のコダワリを感じるんだよね。自分だけかもしれんけど。フィギュアは他にも顔の表情も毎年いいかんじだと思うし、首部分もボールジョイントで多少動かせるし、マント部分も簡単にはずせるし、いいんじゃなかろーか。何気に毛の部分、胸から背中にかけてしっぽまで続いてるのが見えるのがすごいデザインだなと思ったぞ。毎年このシリーズはおまけながらナカナカなので、欲しい人はゲットしてほしい。
 んでサマーキャンペーンは3号連続だが、次回は体操服の吉田さんフィギュアだそーだ。なんかヘアバンのパーツを今回のネコミミに換装できるみたいで、ちょっと遊び要素もあるみたいだぞ。で、誌上通販の「ヴィルヘルミナ 戦技無双Ver.」も写真が載ってた。こちらは毎回おなじみ2号分の応募券と1000円分の定額小為替で通販ということなんで、欲しい人は応募券なくさないよーにしよーな。

期待のリボルテックよつばさん(クリックで拡大)
美由衣そそ、このサマーキャンペーンとは関係ないけど、一部ネットでウワサになっていた、「リボルテック よつばフィギュア」が今回速報で発表になった!! これはむちゃくちゃ欲しいぞ!!!!

紗久那おお~ これはカワイイですね~! 以前電撃大王さんの付録でも付いてきたこともありましたけど、これはもうちょっとサイズ大きい感じですね。写真で見る限り、動くところがいっぱいありそうですね~

美由衣パっと見、肘と足首にリボ球使ってるのは見えるね。いつごろ出るかはまだ未定なんだけど、夏のワンフェスあたりには展示されるだろね。よつばスタジオのページにもちょっと掲載されてるし、順次情報は発表になるのかな。期待して待とう。んじゃ今日はこのへんで。またなー。

2007年06月10日

熱血!!コロコロ伝説買いました

紗久那みなさんこんにちわっ! ここ数日天気が不安定な日が続いてますよね~ 雨が少ない地域も多いので、雨が多少なりとも降るのはよいかもですが、大雨などの被害は一大事ですからね~

らびーな天気予報によりますと、来週末あたりから梅雨到来とのことですけれども、ちゃんとした雨になるとよいですわね。

美由衣雨だと出かけんのツラいからイヤだけどなぁー
 さて、今日はワタシが店長に頼まれて買ったこの一品をご紹介。先月25日から発刊開始した雑誌「熱血!!コロコロ伝説」を紹介するぜよ。


コロコロ伝説Vol1とVol6(クリックで拡大) 中はコロコロサイズの本と文庫本サイズのコミック2冊(クリックで拡大)

紗久那あ、これニュースとかで見ましたよ~ コロコロコミックの古い作品を選り抜いて出すんですよネ。

らびーな雑誌「コロコロコミック」は今年で創刊30周年ということで、記念に発売される雑誌でございますわね。創刊から20年分の内容を2年分ずつ、10冊に分けて発売されますが、5月はVol1とVol6の2冊が発売されました。今後は6月にVol2、7月にVol7とというよう、に1冊ずつ発売されていくようですわ。

美由衣ワタシらは全然生まれてない時代のモンだけど、ウチの店長は幼少の頃病院の待合室で読んで以来、ちょこちょこ昔のとかも買ってたらしい。だからVol1の内容のも分かるんで、懐かがって購入してたワケだ。1977~1978年の内容となるVol1は「ドラえもん」を筆頭に、コロコロ版まんが道「ハムサラダくん」や、強烈なギャグが盛りだくさんな「ゴリポン君」などなど、懐かしの作品がズラリ。しかもオマケとして「てんとう虫コミックス」を文庫サイズに縮小したものも付属。なんといっても今や絶版となっている「新オバケのQ太郎」の第一巻が付いてくるのがスゴい! コレだけ復刊するのがムズカシいコトになってるんだよね。詳しくはウィキペディアのオバQの項目参照してくれい。

紗久那現在入手しにくい作品が手に入るというのはウレシイですよね~ オバQは今読んでも十分面白いですし。ウチの店長はスゴい好きで、昔の全部ほし~な~と言ってましたよ。

美由衣個人的にVol1の中では内山まもる先生の「ザ・ウルトラマン」とかたおか徹治先生の「ウルトラ兄弟物語」がスゲーと思ったよ。ウルトラマンの人気がある時代、マンガでオリジナルストーリーが繰り広げられていたわけだが、結構いま読むとツッコミどころ満載な所があってね。「ザ・ウルトラマン」の中では、ウルトラの国の道場でウルトラセブンが指導してるんだけど、門下生のウルトラマンが正座して見てるし。感想で「すばらしい連続動作だ」とか言ってるけど、そーいう部分がスゴかったんか、光線ワザって。


ウルトラの国の道場(クリックで拡大) 感嘆しまくりウルトラマン(クリックで拡大)
のんだくれ新マン(クリックで拡大) 逆切れ新マン(クリックで拡大)

らびーな・・・確かに怪獣を倒すのはほぼ光線ワザですし、あまり光線動作中に邪魔される描写は少ないので、そういったものなのかもしれませんですわね。

紗久那こちらの「ウルトラ兄弟物語」の方では、新マンさんが宇宙の酒場で飲んだくれてますよ。しかもゾフィーさんに説得されても「俺はだめなウルトラ族さ!」と、自暴自棄になってたりして。かなり人間ドラマみたいですね~

美由衣他にもいかにも悪い悪党宇宙人が出てきたりとかなーりベタな展開なのが、ウルトラマンと不思議な混ざり具合になっていい味でてるんだよなー。結構面白いので、是非とも読んで見てくれ! で、Vol2の方も紹介しとかなくっちゃね。こちらは1987~1988年の内容となってて、「おぼっちゃまくん」「のんきくん」などの作品が人気あったやつだね。「あまいぞ!男吾」も熱くて未だに人気根強い作品だよな。当時のビックリマンシールのブームがあったから、マンガも二本入ってるのが時代を表してるかな~

らびーな今現在でも復刻版などのビックリマンシールは出ておりますよね。コロコロコミックはその時代の人気のあるホビーを漫画化することのハシリでしたからね。

美由衣次号Vol2では、ウチの店長の時代直撃のホビーマンガ「ゲームセンターあらし」がミニコミック付きで登場とのことだ。ちなみに同じVol2には店長が幼少の頃衝撃を受けたエッチなマンガ「おじゃまユーレイくん」も掲載されるらしい。当時読んだ人も居るんじゃないかな。Vol2は今月25日発売なんで、久しぶりに読んでみたい人はチェックするといいぞ。つーわけで今回はこんなトコで。また次回もヨロシクな。んじゃー。