« AOU2007 アミューズメント・エキスポに行ってくる | メイン | ワンダーフェスティバル2007冬に行ってくる »

紗久那みなさんこんにちわっ! 花粉がたくさん飛んでいる今日この頃ですけど、お客様は大丈夫でしょうか? ウチの店長は今年はちょっとラクだぞと行ってますけどくしゃみしてましたよ~

らびーなそんな今日この頃でございますが、わたくしたちは本日「文化庁メディア芸術祭」へと赴いてまいりました。毎年行われておりますが、今年で10回目という節目になるイベントでございました。

美由衣こないだ六本木でやった「日本の表現力」ってイベントは10周年記念企画展っていうことだったしな。今日行ったのは今年の入賞作品などの展示っていうのがメインだな。今年はマンガだと大賞はかわぐちかいじさんの「太陽の黙示録」、ゲームなども入るエンターテインメント部門はクローバースタジオの「大神」、アニメーション部門では、今年の映画賞をとりまくりの「時をかける少女」が受賞してるね。

紗久那「大神」は独特の画面表現が非常に日本的で美しいゲームでしたね~ ファンも多い作品ですが、開発のクローバースタジオは閉鎖となってしまったのが残念でした。でも、そのスタッフが再結集した「SEEDS」という会社が新たに立ち上がったのはちょっと喜ばしいですね~ やっぱり作品として評価されているのに会社が解散っていうのは悲しいですから、次は作品的にも営業的にもいい評価がでてくれるといいですネ。
 さて他にもゲームは「リズム天国」や「しゃべる!DSお料理ナビ」「おいでよ どうぶつの森」などなど展示されていましたが、ココでもDSの作品が目立っていたような感じでしたね~ ゲームというよりも、新しいインタラクティブの作品という位置づけですと、DSは評価されやすい作品が多くでましたから、これはしょうがないかもですね~

美由衣アニメは「時をかける少女」はもー評価されまくりな作品だったし、順当だね。大きなスクリーンに映像がながされてて、隣に絵コンテややキャラデザインのイラストとかも資料として展示されてて、ファンはちょっと必見かも。
 マンガでは「太陽の黙示録」ということだったけど、ワタシは読んだことないからなー でも優秀賞のなかには大好きな「よつばと!」も受賞されてて、ちゃんと原画が展示されてたぞ。こないだの「よつばと!展」でもたくさん展示されてたけど、あっちで見れなかった人はこの機会にぜひ見てきてほしいなー。背景とかの丁寧な部分見れるのは原画ならではなんで! そそ、メディア芸術祭のブログで受賞者のコメントと写真が掲載されてたんだけど、あずまさんがちゃんと写真入りで出ていたぞ。なっかちょっと嬉しそうだ。

らびーな今回マンガ部門で受賞された作品や推薦された作品は、全て会場で読むことができるようになっております。時間がありましたら、手にとってお読みになるのもよいかもですわよ。実際会場ではイスも用意されておりますので、沢山の方がマンガをお読みになっていましたわ。

鎮座してた等身大ガンダム(クリックで拡大)
紗久那他にもアート系の作品や先端技術を展示するスペースなどもあるのでが、どれもみんな普通に体験して楽しめるものが多かったので、様々な年代の方が興味深く展示作品を見ていましたよ。こういった所以外ではなかなか見れないものも多いかもしれませんし、是非とも時間がありましたら行ってみてくださいネ。

美由衣なんつったってタダだしな。そいやなぜか1/12のガンダムもあったな。フィギュア系も結構このイベントで展示されるし、そーいう感じかな。
 さて、明日はワンダーフェスティバルっつーことで、イベント2連荘だ。明日行ってきたらレポートするんで見に来てくれな。んじゃまたなー

コメント

素数ホッケーが際立ってましたなー

あと、謎の服。ブルブル震える・・

よつばととかわぐちかいじの原画が見れてよかった。すごい迫力・・・

ワタシは地下にあった、目を動かすと絵が見える
ライトのやつが面白かったなー みんな軽く頭動かして
いる光景がワラタ。