« イベントのチケット入手したよ | メイン | おいでよ どうぶつの ミュージアム に行ってくる »

らびーなみなさまご機嫌如何でございましょうか。天気が不安定な日が多いですので、お出かけし難いですわね。もう梅雨の季節も近づいておりますし、はやく天気の日になるといいですわね。

紗久那そういえばウチの店長、ゴールデンウィークはあんまり出かけずに、また昔のモノを発掘したり整理したりしに行ってきたみたいですよ。また前みたいにヘンなものが発掘されたみたいですが・・・ ちなみに前は駄菓子屋さんで売っているユニークな絵柄のあるガンダムカードが見つかっておりましたよね。

美由衣アレはなんかスゴかったよな。ザンジバルをビームサーベルで一刀両断してるガンダムとかテキトーな絵柄が歴史を感じたよ。
 で、今回発掘したものを見せてもらったが、またガンダム関連だ。ガンプラブーム当時にバンダイが発行していた「模型情報」という、自社の模型の発売情報のみならずアニメや特撮の情報なども掲載していた小冊子を作っていたんだけど、それが発掘されたっつーことだ。一番古いのが1982年の6月号で、なんつーか24年前のモンだな。表紙は「ザブングル」のギャロップだし、歴史感じさせまくりだよ。

紗久那これは古そうですね~ 「ザブングル」だけじゃなくて「ダンバイン」「エルガイム」と古い作品の表紙がありますね~


発掘された模型情報たくさん(クリックで拡大) 1982年9月号の内容の一部(クリックで拡大)

美由衣バンダイの模型情報誌だけあってそーいう流れだよな。ちなみに模型情報は、あの今でも続くタミヤさんの情報誌「タミヤニュース」と同じサイズの封筒に入る縦長サイズのやつと、B5サイズの2つのヤツがある。ウチの店長がもってるのはだがな。この古い封筒サイズのは、1984年7月号からB5サイズに変更されてるね。ちなみに封筒サイズの前は倍ぐらいのサイズの時代もあったみたいだな。ウチの店長は持ってないけど。んでB5サイズのヤツもその後サイズは同じだけどページ数が増えて、タイトルも「模型情報」から「MJ」と名前を変えて価格は上がったけど引き続き発行されていったらしい。たしか現在ではもう発行されてないのかな? 「模型情報」はプラモ屋さんなどで100円で売られていたんだけど、途中同じバンダイから本屋さんで扱われるもっとちゃんとしたホビー誌として「B-CLUB」という雑誌が創刊されたりしてる。「B-CLUB」ももう存在してないけど、未だにバンダイから出てるガレージキット等はその名前が使われてるよな。「B-CLUB」雑誌の流れはその後メディアワークスから「電撃B-Magazine」として生まれ変わり、現在は「電撃ホビーマガジン」として生き続けている。

らびーなプラモ雑誌の歴史を感じますわね。ガンプラブームからおよそ四半世紀、現在の雑誌では完成品TOYやフィギュア・ガチャポン等も含めて雑誌ではあつかわれていますものね。

美由衣そいえば今は完成品フィギュアやガシャポンフィギュアなどが隆盛を誇ってるよな~ 1980年台でもガンプラブーム時はガンプラのラインナップでフィギュアシリーズとかあったけど。そいえば「模型情報」の古いの見てると、プラモ化された「ラムちゃん」とか「ミンキーモモ」とかの作例とか見かけるんで昔から人気はあったよな。他にもフィギュアの製品は結構あって、あんまり有名じゃなさそうなので、その後今のMS少女みたいな「Zガンダムレディ」なんてのも商品化されているらしいんだけど、そんなの売ってたっけ・・・? 一応発売予定のページを乗せとくけど。一緒のページにクリィミーマミのフィギュアも乗ってるね。

紗久那MS少女ってありましたよね~ って今の擬人化キャラのハシリみたいな感じですよね? MS少女といえば明貴美加さんのイラストが有名ですね~


1985年12月号の発売予定表ページの一部(クリックで拡大) 杉原さんのMS少女(クリックで拡大)

美由衣あ、でも「模型情報」では80年台、投稿コーナーの常連さんで杉原昌子さんという女性の方がいたんだけど、その人がMS少女を当時発表して、盛り上がっていたぞ。1984年5月号ではガレージキットまで作って通販までしたら申し込み殺到したらしいし。それにしても投稿常連さんがページを貰ってコーナーを作ったりと、なんとなく読者と編集部との距離の近さを感じるね。他にも常連さんの中には、今のSDガンダムのデザインを作った横井孝二さんも、鳥山劣さんというペンネームで投稿してて、当時からSDデザインの上手なイラストで常連となってた。その後4コママンガを毎月掲載してたりして、今に至るって感じかな。もしかしたらSDガンダムも「模型情報」がなかったら存在してなかったかも・・・というのは極論かもしれんけどありうるかもしんないぞ。
 他にも常連さんでは漫画家の北崎拓さんがイラストを投稿しててその後カットや漫画なども掲載されてたりしてたよ。

横井画伯のMJ劇場(クリックで拡大) 北崎さんのマンガ(クリックで拡大) 曽田さんのマンガも(クリックで拡大)

紗久那いろんな方が関わっていたんですね~ 「模型情報」をパラパラと見てると漫画や小説もあるんですね。ページ数少ないのにガンバってますね~

島津さんの麗しきコスプレ
美由衣そういやプラモ講座みたいな1ページ漫画も定期的に載ってたんだけど、今だと「capeta」で有名な曽田正人さんがやってたり、赤井孝美さんがやってたりとなかなか面白いね。漫画以外でも特撮の紹介とか海外SFテレビ紹介とか、結構編集者の趣味も入ってるよーな。
 あとヘンな企画もあったりして、当時クリィミーマミのOVAが発売された時期だったんだけど、マミのライバル綾瀬めぐみさんを演じた島津冴子さんが、キャラが演じた衣装を着たグラビアページがあるのがスゴいな。声優さんがキャラの衣装を着るのは最近だとよくあるけど、当時まだ1985年9月号ってことで、結構先駆けなモノじゃないかな?

らびーな時期的に第二次声優ブームの後半あたりの時代ですわね。声優さんがレコードを発売したりする時代にはなっておりましたが、もっとアイドル化するにはもう少し時間が経ってからですわよね。そうなるとこういったコスプレなどは当時まだあまり無かったモノだと思いますわ。それにしても島津さん、素晴らしく似合っていてお美しいですわ。

美由衣それにしても最初は折込のペラペラなモノからこんな風に発展するのも面白いね。個人的に一番面白かったのが読者のページ。読者からの手紙で「1/100ギャリア模型化中止すんな」とか「リアルタイプMS(デカールとか入ってるだけのパッケージ違いプラモ)手抜きじゃん?」とか「ラムちゃん模型化反対」とか、メーカーと読者で討論みたいなモノを乗せてたりしてるんだ。未だとあんまり問題になりそうなモノは掲載しないのが当たり前な風潮があるけど、こういうトコを隠さないでやってた姿勢は今と違ってなんかいいなーと思ったよ。今もこんなのあると面白いけどね。
 つーわけでガンプラ世代の方には多少目にしたことがあると思うこの雑誌、もしまだどこかに眠ってるなら発掘して読み直してみると面白いかもね。んじゃ今回はこんなトコで。今回他にも発掘できたものもあるので、また紹介するかもなんでヨロシクな。んでは~

コメント

ちょww懐かし・・・・
俺の投稿とかあるんじゃ・・・(;´д`)

うわ、ドム3人娘のイラストの記事のって俺が最初に買った模型情報だわ。

模型情報は小学生でも買える値段つーのが買い続けられるよさだった。
ボンボンとコレはガンプラ小学生にとっては絶対買うもんだったなぁ。