« nintendogsプレイ中 | メイン | エポック社の伝説のテレビゲーム »

紗久那はいっ! みなさんこんにちわ~! ゴールデンウィークも終わりましたし、みなさんまた学校やお仕事にガンバってますか? 次の夏休みまでがんばらなくっちゃいけませんよね~

美由衣あー、次の休みは夏休みか・・・ 夏休みになったらドカーンと休めるし、もっと遠出して遊びまくるぞ。

らびーな普段も比較的遊びまくる日常のような気も致しますが・・・ ですが私も夏休みは待ち遠しいですわね。

紗久那とりあえず毎日ガンバって、次のお休みを楽しみにしなくっちゃネ! ではでは本日のお話は、美由衣の担当っぽいUFOキャッチャーのアイテムのお話です。ワタシ好みのこんなアイテムだったので楽しみにしていたんですけど、ようやく入手したんです! といった感じの今回はコレ、「SEGAゲームハード ぼくのゲームセンター」ですよ~!

美由衣UFOキャッチャーのアイテム紹介はウチではめずらしいかな? いっつもワタシは食玩かガチャがメインだしな。しかもコレ、ゲーセンのゲームの筐体のプライズものなのか。すげーなオイ。


UFOキャッチャーとサイズ比較用のよつばさん(クリックで拡大) 結構細かいところもデキてます(クリックで拡大)

紗久那こんなアイテムがUFOキャッチャーに入ってるのがスゴイですよね~ なによりUFOキャッチャーの中にちいさいUFOキャッチャーが景品で入ってるっていうのもなかなかシュールな感じですよね~ ちなみにこのミニチュアのUFOキャッチャーは、正確には「NEW UFOキャッチャー」という機種で、UFOキャッチャーの機種では「初代」「DX」についで3代目の機種になるそ~です。現在UFOキャッチャーは「UFOキャッチャー7」という7代目の機種が現役で頑張っているみたいで、初代が出てから20年もの歴史があるんですね~

らびーな他のラインナップは、よくゲームセンター等で見かけます、ゲームの筐体なんですのね。レバーやボタン等もちゃんと造形なされてて、細かいですわねぇ。

紗久那ですね~ ちなみにこちらの筐体はそれぞれ「アストロシティ」「ニューアストロシティ」という筐体だね。セガのメカトロ研データベースの汎用キャビネットを見ると、アストロシティは1993年2月に出てるみたい。セガの汎用筐体の名前には「○○シティ」という名前がついているのが特徴で、1988年に出た業務用マザーボード「システム24」にあわせて発売された筐体「エアロシティ」からこの系列が始まっているのかな。その後は「MODEL1」の時代に「アストロシティ」、「MODEL2」というか「バーチャファイター2」の大ヒットにより普及する「ニューアストロシティ」と続いていきますね。「バーチャファイター2」の大ヒットはすさまじくて、当時家でプレイしたい人が「ニューアストロシティ」と一緒に約100万円を出して買ってしまうバーチャジャンキーな人も多かったと思います。その後は「MODEL3」の時には「ブラストシティ」、「バーチャファイター4」のネットワークに対応した「ネットシティ」といった感じに進んでいきます。こうやって見ると、バーチャファイターが大きく普及に貢献しているみたいですよね~

美由衣また紗久那が語りはじめたな。まいいや、このフィギュアはちゃんと画面が写真になってて、「バーチャファイター2」とか映ってるのね。


アストロシティたくさん(クリックで拡大) 画面も写真で映ってます(クリックで拡大)
 ニューアストロシティのバーチャファイター2(クリックで拡大) ひとつのセットには、代えの画面もついてたり(クリックで拡大)

紗久那そうですね~ このフィギュアでは「ニューアストロシティ」では、みなさんお馴染みの大ヒットゲーム「バーチャファイター2」「アストロシティ(横)」では、ST-V基盤で作られたはっちゃけ気味のアクションゲーム「ダイナマイト刑事」「アストロシティ(縦)」では、セガの歴史にキラリと光るストラテジーアクション「ゲイングランド」が入っているよ~です。縦とか横とかあるのは、シューティングゲームとかは画面が縦長なので、モニターを回転させて立て画面に変更している状態の筐体を区別しているということですね。ゲームセンターの筐体は基本的にモニターの縦横を変更できるようにできていて、ゲームに合わせられるようになっているのが大きなポイントですよね~ やはりシューティングゲーム等は縦画面でやりたいものです。ちなみに「ゲイングランド」は「システム24」基盤のゲームなので、できれば筐体は「エアロシティ」がよかったデス。

美由衣こだわるなぁ。でもまぁそーいう違いもちゃんとやってくれるとウレシイもんだしな。でもまぁホント、よくこんなゲーセンの筐体っつーアイテムが出たもんだよ。ちゃんとゲーセンイスまでついてるし。

紗久那ホントですよね~ でもまぁ「ファミコン」とかの家庭用ハードのガチャポンが出るくらいの時代ですもん、もうひとつのゲーム文化の発展している場所であるアーケードゲームのモノが出てもおかしくないかな~と思います。で、このシリーズですけれども、すでにVol2が出ることが決定しているんです。8月発売予定の「Vol2」では、アストロシティ筐体には「ファイティングバイパーズ」「2度ある事はサンドアール」という通好みのゲームが入って、そして大ヒットガンシューティング筐体の「バーチャコップ」、そしてそして、あの大ヒット体感筐体「スペースハリアー」が登場ですよ! よく考えるとセガの体感筐体シリーズはどれもこれもユニークな形のものが多いですし、立体映えする気がしますよね! 先ほども紹介しました、セガのメカトロ研のHPには、プライズ筐体体感筐体のデータベースもあるんですけど、見ているとオモシロイですよね~ ぜひとも「ハングオン」「R360」の筐体をこのラインナップに加えて欲しいと切に願います!! セガさんよろしくお願いします~~

美由衣なんか体感筐体はすげーの多いなぁ。たしかに「ハングオン」のはバイクだし、造形したらよさそーね。UFOキャッチャーのプライズだから、結構集めにくいラインナップだけど、人気出て続いていくといーかもな。とりあえず紗久那がんばれや。

紗久那もちろ、Vol2も揃えますよ~! お客様もゲームセンターでこのプライズを見かけたら、ひとつ取ってみてはいかがでしょうか! 結構見かけないプライズみたいなので、ゲームセンターを巡り歩いたりするかもしれませんが、この時代のアーケードゲームに思いいれがある方にはかなり良いものですので、入手してみてくださいね~!