« ゲーム&ウォッチが届いたよ | メイン | もうすぐワンフェス »

ゲームサイド最終号(クリックで拡大)
紗久那みなさんこんにちわ~! あっという間に夏休み目前ですけれども、みなさんいかがお過ごしでしょうか?

らびーなこの間、ゴールデンウィークのお話をしたと思いましたら、もう夏休みですか… 時間の経つのは早いですわね。

美由衣つーか放置してたからだけどな。

紗久那さて、そんな夏休み直前ですけれども、今月出たゲーム雑誌「ゲームサイド」さんが休刊となってしまいました… ちょっと残念なのでこの話題に触れたいと思います。
 「ゲームサイド」さんは通常のゲーム雑誌と違い、最新作を取り上げることよりも昔の作品を中心とした記事作りをしてきた雑誌として知られています。最終号ではファミコン時代からのシミュレーションRPGゲーム特集だったり、前の号ではナムコアーケードゲーム特集だったりと、毎回面白い特集も多い雑誌だったので非常に残念です…

らびーな「ゲームサイド」の生い立ちは1996年にまでさかのぼりますわ。1996年に創刊しましたのが、今まであまり無かったジャンルでありますレトロゲームを中心とした季刊誌「ユーズド・ゲームズ」。遅れて1998年には、知名度が低いけれども面白いゲームを取り上げる発掘系ゲーム雑誌「ナイスゲームズ」(年二回発行)も創刊されます。この二つの雑誌は編集スタッフが同じで姉妹紙として歩んでいきましたが、段々と差別化が難しくなりまして、2002年に「ユーゲー」として合併し、隔月刊のペースに移行します。その後2006年に「ゲームサイド」とリニューアルし、今月の最終号へと続いていくのですわ。

美由衣ちなみに「ゲームサイド」は「ゲームを再度遊びたい」という意味がこめられているらしいぞ。

8Bit年代記単行本(クリックで拡大)
紗久那ワタシは「ユーズド・ゲームズ」の途中から読んでいたんですけど、こういった面白い切り口のゲーム雑誌がなくなるのは非常に残念ですねぇ~ 特集記事だけでなく、毎号の連載も面白いものも多かったし。特にゾルゲ市蔵さんの「8Bit年代記」のマンガは物凄く面白い! アーケードゲームや電子ゲーム等、筆者の少年時代を綴ったマンガなんです。単行本にもなったけど、今月号までの分はこぼれちゃってるし、是非とも続きをお願いしたい… ちなみに単行本発売の時に作られたHPで7話まで読めるので、是非とも読んで欲しいです!

美由衣それにしても出版業界は休刊とかの話題が尽きないよなぁ。やっぱり不況とか、電子化とかイロイロあるんかね。

紗久那ちょっと前にもゲーム雑誌「CONTINUE」も休刊しちゃったんですよね~ でもコレは編集長の移動によって体制が変更になったようで、今月から「オトメコンティニュー」として新創刊したんです。オトメ向けにボーイズゲームやアニメ等をメインにしているんですけど、コラムとかは引き続き乗っているのがあったりと、意外と前のテイストが残っているんですよね。コンティニューは最初はゲーム雑誌として、ヒットした「超クソゲー」の雑誌版みたいなノリで始まったみたいだけど、後半はサブカルチャー全般を取り扱う雑誌になってましたよね。でもでもこの雑誌もインタビューとか力の入った記事があったんです。特に「ゲーム雑誌クロニクル」っていう企画では、あの伝説のアーケードゲーム雑誌「ゲーメスト」の関係者からインタビューをして創刊から休刊までの出来事を語ってもらったりと興味深い記事も沢山あったんですよ~ この企画はゲーメストだけで終わっちゃったけど、他の雑誌でも読みたかったなぁ。「ログイン」とか「テクノポリス」とか…

らびーなそういえば「ログイン」は休刊した後、Webでの展開に移行するということで、暫くはWebでの活動をしておりましたが、いつの間にかそちらも休止してしまいましたわね。

紗久那そうそう、あまり更新が無くなったと思ったら休止して、今ではもう見ることもできないんですよね~
 「ゲームサイド」も今後はWebサイト「ゲームブリッジ」へと移行するようですけれども、同じように休止することなく活動して欲しいです。連載されていたマンガの一部は「マンガごっちゃ」へ移行とのことですけど、「8Bit年代記」も移行してほしいなぁ…
 というわけで最終号になっている「ゲームサイド」、見かけたら手にとってみてはいかがでしょうか。今回はこんなところで。またね~

美由衣来週はワンフェスあるからまた見にいってくるんでヨロシク。