« ワールドホビーフェスティバル有明16 に行ってくる | メイン | プリンセスクラウンのグッズいろいろ »

美由衣おいーす! すっかりGWも終わって普段の日常になったけど、すでに夏休みに思いをはせる今日この頃。はよ遊びたいよねー。ま、ぼちぼち頑張らんとね。
 で、今日は早速ブツの紹介を。今回は漫画「天獄」の単行本3巻の特装版として付いてきた「砂姫 巫女装束版フィギュア」を紹介だ。こちらの漫画は1巻の時は同じ砂姫さんのメイドバージョンのフィギュアが付いてきたので話題になったよね。

紗久那随分前に当店でも紹介したものですね。なかなかいろんな部分が動くフィギュアだったの覚えてますよ~


砂姫さん(クリックで拡大) うしろすがた(クリックで拡大) 座ったりと(クリックで拡大)
アップで(クリックで拡大) 眼鏡ナシな(クリックで拡大)

美由衣アレも結構話題になったよね。今回も原型製作は浅井真紀氏が担当して、氏のおなじみな可動しまくりなフィギュアになってるぞ。今回は前回のよりも関節部分に共通ジョイントを使って動かすだけでなく、ポーズ固定しやすい作りになってるんだ。この共通ジョイント、いわゆるリボルバージョイントみたいになってるんで、いつもよりはヘタりにくいかな?っていう感じにみえるよ。結構このジョイントを多くつかってて、肩やヒザだけじゃなくって首やリボン部分の付け根にも使われているんだ。

らびーなこのジョイントですと、ちょっとカチカチと可動してポーズをつけやすいような仕組みになっているんですのね。単行本のオマケフィギュアながら、うれしい心配りではないでしょうか。


パーツ構成(クリックで拡大) 肩のあたりの関節だ(クリックで拡大) スカートとかも動くよ(クリックで拡大)

美由衣うむ。可動フィギュアはすぐ関節部分がポロっと取れるとかあるんで、工夫してくれるのはありがたいね。でもサスガにこのフィギュアの可動部分の全部がコレじゃないんで、ちょっとまだ取れたりするのもあったけど、今までのよりはいいかなーと思ったよ。あとオマケパーツも結構あって、手のひらは箒を持つ手とグーとパーの3種類が。顔も眼鏡で笑ってるバージョンと眼鏡ナシでキリっとした表情の2種類。あと箒もね。豊富な可動部分とオマケパーツでかなり自由にポーズを取れるから、コレってポーズで写真を撮るのも面白いと思うぞ。ウチの店の写真はイマイチだけど、是非とも自由に遊んで欲しい。ちなみにリボンのところには穴が開いてるんで、市販のベースなどで固定するとポーズとりやすくなるんで、遊びやすくなるんじゃないかな。ウチには無かったんで地面に設置させて撮影してるケド。

紗久那最近可動する台座とか結構売ってるんですよね~ ホビーショップに一緒に行った時見ましたよ。

美由衣んだな。で、この漫画とフィギュアのセット、今回は3980円と、前回のオマケセットよりもちょっと値段が上がっちゃったのよね。そこそこ値段は張るけど、わりとボリュームのあるフィギュアなんで、気になる人は買うといいかな。
 というわけで今回はこんな感じでオシマイ。また次回も見に来てくれよな。またなー。