« 2005年04月 | メイン | 2005年06月 »

2005年05月30日

TFC びんちょうタン2

美由衣ういーっす。みんな元気かいな? 軽い挨拶はこんぐらいにして、今日も今日とて物欲の結果のご紹介だ。今日はコレ、「TFC びんちょうタン2」だ。

紗久那あ、このフィギュアはウチでもよく紹介してるやつですよね~ ディオラマとかよくデキているのに、なんとなく切ない感じのヴィネットのシリーズですね。

TFCびんちょうタン2のカワイイパッケージ
美由衣うむ、前のシリーズもウチで紹介しててすっごい好きだったフィギュアのパート2だね。ものすごい好みなヤツだったから続編でるのが楽しみだっんだよねぇ。ユージンのフィギュアはこのヴィネットのやつもフィギュアのやつも、びんちょうタンのやつはどれもデキが良いんだよね。

らびーな前回のもそうなのですが、パッケージも牛乳パックのようなデザインで非常にカワイイですわよねぇ。こういった部分までも凝って作られているのは、チョットした事ですけど商品のイメージをより良くしているように感じられますわ。

美由衣内容のほうは前回と同じく全5種類で、すべてにバージョン違いが存在するので全10種類になってる。このシリーズはバージョン違いで色が違うだけじゃなくて細かく違ってたり、場合によってはゼンゼン違うのになってたりするのがまたウレシイんだよね。つーことで順番に紹介してみまっさ。まずはこちら、「わたしのステキな傘」。これは葉っぱの傘を持ったびんちょうタンが草むらの中でたたずんでいるのだけど、なんつーてもヴィネットの葉っぱの量が凄まじいよなぁ。パーツ量が多くてそれらしくなってるのがイイね。バージョン違いはカラーリング違い。ちょっと葉っぱが枯れ始めてる感じで哀愁度アップしてるね。


わたしのステキな傘 ノーマルVer(クリックで拡大) わたしのステキな傘 別Ver(クリックで拡大)

美由衣次はこちら「遠くが見える」。桜の木にのってるちっちゃいびんちょうタン。チョコンと乗った手には気の棒で釣りしてるみたいな感じになってるやつだ。このびんちょうタンが小さくて、2cmぐらいしか無いんだよねー。バージョン違うだと桜じゃなくて紅葉っぽくなっちゃってるね。

遠くが見える ノーマルVer(クリックで拡大) 遠くが見える 別Ver(クリックで拡大)

美由衣んでもって次の「大きな大きな木の下で」は、「遠くが見える」の下の部分にあたるヴィネットで、パーツをはずすと合体できるよーになってるんだ。単品でもちゃんと見れるよーになってて、「遠くが見える」のびんちょうタンと同じようにチョコンと座って、今度はツクシを手に持っているのが春らしさを表現してるね。別バージョンだとヴィネットのツクシの部分がキノコに変更されてて、カラーリングも秋らしく変わってる。

大きな大きな木の下で ノーマルVer(クリックで拡大) 大きな大きな木の下で 別Ver(クリックで拡大)

美由衣次の「ハツメイ?」は今回のシリーズで一番面白いヴィネットになってるヤツだ。通常バージョンは台車に乗ってるびんちょうタンを、ちくタンが手押ししているヴィネットなんだけど、バージョン違いだと袋をこぼして泣いて倒れてるびんちょうタンになってるのがすっごい面白いねー。なんだか2コマ漫画みたいなこのバージョン違い、どーせなら全部こんな感じでバージョン違っててもいいかな。ネタ探すのタイヘンかもしれないけどね。

ハツメイ? ノーマルVer(クリックで拡大) ハツメイ? 別Ver(クリックで拡大) 別Verを別角度から見ました(クリックで拡大)

美由衣最後は唯一びんちょうタンが居ない「いそがしい軽食屋さんの朝」は、ユーカリたんが主人公。唯一自然っぽくないヴィネットだけど、前のシリーズを彷彿とさせる小物の多さが面白いデキになってるね。バージョン違いはカラーリングと、ノーマルだと電柱にくくりつけられているコアラがユーカリたんの頭の上に移動しているトコ。このフィギュアは台座のレンガがいい感じなのが特徴的だね。つーわけで駆け足で全部紹介してみました。いつもの紗久那のしゃべりみたいになってもーたな。

いそがしい軽食屋さんの朝 ノーマルVer(クリックで拡大) いそがしい軽食屋さんの朝 別Ver(クリックで拡大)

らびーな美由衣さんも、アイテムのご紹介の時はいつも紗久那さんと変わりありませんわよ。

美由衣そっかなー? ま、いいや。今回のびんちょうたんヴィネットもなかなかストーリー性のあるイイ感じのフィギュアになってるので、見かけたら買うといいよ。ちなみに1BOXでかうと10種類全部がコンプリートする神アソートになっているのは前回と同じ。片方のバージョンだけでいいやと思う人は、友達と半分づつ分けるのもアリだと思うのでBOX買いをオススメするぞ。

紗久那集めやすいのはウレシイですよね~ 友達と分けるのは、バージョン違いでもちょっと違うから、どうしても両方欲しくなりそうな気がします。

美由衣個人的には全部そろって問題ナシだ。ちなみにこのヴィネットじゃないガチャポンのフィギュアシリーズは前回別カラーバージョンが出たけど、ようやく7月にパート2が登場するみたい。今度は台座がヴィネットっぽくてさらにウレシイデキになってるみたいなので登場するのが楽しみだ。きっと出たら買うだろうなぁ。つーわけで次出るのも楽しみにしつつ、今回はこんなところでおしまい。また次回よろしくなーっ。

2005年05月26日

苺ましまろの単行本を買ってくる

らびーな皆様ご機嫌いかがでございましょうか。そろそろ5月も終わりに近づいて、そろそろ夏休みのことを思いはせる今日この頃。お客様は夏休みの予定など、もう構想なされている方いらっしゃいますのでしょうかね? ワタクシはどこか旅行に行ければ・・・と、うっすらと考えてお金のかからない妄想で楽しんでいる毎日でございます。

美由衣・・・妄想かよっ。んなお金節約しててもいつどーなるかワカランのだし、ガンガン物買って楽しまなきゃアカンがな。つーことで今日もいろいろと本とか買ってきたわけだ。今日はゲーム雑誌2冊、漫画雑誌1冊、漫画単行本2冊・・・てな感じだ。

紗久那またまた沢山買ってきますねぇ~ でも美由衣はいつもはあんまり漫画単行本買わない方ですけど、今日は2冊買ってきたんですね。

美由衣うん、雑誌は結構買ってすぐ捨てたり人にあげたりしちゃうからなぁ。漫画単行本は部屋にたまってくるからなるべく回避してたんだけど、今月ちょっと売ったりしてスペースが開いたんでね。で、今日買った漫画はいつも買ってる「苺ましまろ」の4巻と、初めて買った「すもももももも」の1巻。・・・あんまり女子小学生が買う漫画じゃない気がするが、気にすんな。

チラシがいっぱい 苺ましまろ単行本
紗久那たしかに・・・ でも「苺ましまろ」は前から買ってるやつで、読ませてもらったことあるけど、面白いですよ~ 不思議なテンションで突っ走るマンガですね~ そ~いえば、美由衣は美羽ちゃんに名前も性格も似てるね。

美由衣似てねーっつーの。ワタシのほーがもーちっと色っぽいぞ。まったく。ま、その話はおいといて、ばらスィーさんの絵はなんだかイイんだよね。話も変なテンションが肌にあってるし。イラストはゲーム雑誌とかで投稿してたときから気になって、昔の同人誌はコピー誌とか持ってるしなぁ。だから単行本ももちろん買っててね。あ、そーいや単行本買ったら、これからTVアニメ化だからか知らんけど、チラシがやたらと入っててちょっとびっくりしたよ。アニメ関連のチラシとPS2のゲームのチラシはもとより、オリジナルグッズで体操服もあるのはチト驚いたよ。キッチリブルマは無いとか書いてあるし。上だけかよ。


部屋にあったばらスィーさんの同人誌いろいろ(クリックで拡大) グッズの体操服(クリックで拡大)

らびーなサイズがLしか無いのもなにやら想像できてしまいますわねぇ。

美由衣ほいでもってワタシ向きなチラシだと、前にウチでも取り上げたガチャポンの苺ましまろフィギュアの次のシリーズ「お泊まり編」のチラシが入ってたよ。7月上旬つーことで、これは抑えておくかね。んでもってもう一つは電撃大王9月号から4ヶ月連続でフィギュアが付属するそーな。前も美羽サンタフィギュアが付属したことあったけど、今回はアニメ放映期間に合わせて4人連続でつけてくるみたい。チラシだと「ネコミミ茉莉フィギュア」「千佳inゴミ箱」が写真で載ってるけど、結構イイ感じ。「セクスィーアナ」「健康美羽」のフィギュアは設定画だけだけどおもろい感じだなぁ。


苺ましまろ お泊り編ちらし(クリックで拡大) 電撃大王付録フィギュアちらし(クリックで拡大)

紗久那「健康美羽」フィギュアって、お腹に「健康」って書いてあるフィギュアなんですね・・・(汗)

美由衣レギュラー5人のうち4人は付録でつくみたいだけど、唯一付録にいない信恵フィギュアは12月号の誌上通販で「ウェイトレス信恵」フィギュアが通販になるみたい。なんでコレだけ通販なんだ? 待つの長くなるから付録にして欲しいんだがなぁ。まいいや、ずいぶんと先の話し出し、電撃大王は毎月買ってるしな。

紗久那ワタシは美由衣にお金少し出してもらうから、PS2のゲームを買おうかなぁと。美由衣はゲームの方より限定版のフィギュアが気になってるみたいだし。

美由衣一応ゲームも、ゲームにするとどんなんになるかなーと、チト気になってるけどな。つーわけで今日はいろんなグッズに翻弄される可愛そうなワタシのお話になってしまったな。これらのグッズでなんか買ったらウチで紹介するかもしんないから、そんときはヨロシクな。んじゃまたっ

2005年05月25日

少年エース誌上通販 アスカ可動フィギュア

美由衣ほいほいこんちわーっす。ここんところ午後になって雨がどざーっと降ったりして何だかもう梅雨?って感じの天気が続いとるけど、みなさん雨に降られたりはしとらんかいな? ウチの紗久那は雨降られてビショ濡れになってたけど。

紗久那うぅ・・、あれは泣きそうになりましたヨ(泣) 突然豪雨になったので避けようがなくって・・・ みなさんも気をつけてくださいね~

美由衣まぁ紗久那は割とどんくさいからなぁ。ま、雨の話はおいといて、今日は家に届いた「少年エース誌上通販 アスカ可動フィギュア」をサクっと紹介しよーかなと。これは去年発売された少年エース12月号に付属の用紙で通販できたフィギュアですな。原型制作の浅井真紀さんのHPで発表されたときの反響もスゴいし、既に発売されていたエヴァ単行本9巻の付録の綾波フィギュアのデキも良かったことから、申し込み用紙の付いている少年エース12月号が一瞬で街から消えうせたことが記憶に新しいと思います。ワタシもそん時は買えなくて、あまりの瞬殺ぶりから次号の1月号にも申し込み用紙が付いてきたので、その1月号はなんとか買うことが出来て応募できたんですよね。そんなアスカフィギュアがよーやく半年を経て届いたということですよ。

らびーな当時の美由衣は街を彷徨って雑誌を探しておられましたわよね。


前の付録つき単行本と、今回のフィギュアとパッケージは同一デザイン(クリックで拡大) 台座がコワかっこいい(クリックで拡大) 綾波さんも並べてみました(クリックで拡大)

美由衣おうよ。コレは欲しかったからなぁ。で、よーやく届いて早速開けて遊んでみましたよ。話には聞いていたんだけど、前回のフィギュアよりも肩の関節とかが結構ゆるいっていうのはどうもホントだった感じだね。ちょっと肩を動かしたりしただけでもかなりポロポロ取れるので、浅井さんのHPで紹介している強化作戦をとって硬くしてみました。肩の構造とか足の構造とか、ちょっと綾波のとは違うので、取れちゃうのは多少しょーがないかなーとは思うけどね。その分あぐらかけるよーになってたりと可動範囲が広がってたりするのはウレシイよね。

紗久那このフィギュアはホントによく動きますね~ 綾波さんと並べるとさらにイイですね!

らびーな他にも武器やディスプレイの化石タイプの弐号機のスタチューが付属していたりとサービス満点ですわね。


肩の構造はこんな感じに変化(クリックで拡大) アスカさんは大また開き可能で戦闘力アップ(クリックで拡大)

美由衣武器はやっぱあるとイイよな。こんだけ可動するフィギュアだし、武器持って構えさせたりすんのは楽しいしな。あと感心したのはこのスタチュー、底の部分がフタになってて、手首とか無くしやすそうなパーツが収納できるよーに配慮されてるってのはものすごいよ。ホント、浅井さんはサービスだけじゃなくてこんなところまで配慮してるのには驚くばかりだよ。HPでの改修ページとか、製品出したあとまでアフターサービスしてくれる人はこの方だけではないでしょうか。今後も体調に気をつけて楽しいフィギュアを出してくださいませ。ケロロ軍曹11巻のオマケのアクションケロロフィギュアも期待していますので。

らびーなこちらのケロロフィギュアも非常に楽しそうなフィギュアですわね。つるっとした、可動部分を織り込みにくそうなデザインですのに、クチも変更できそうですし、可動部分も多そうですし。遊び心のあるフィギュアになりそうですね。

美由衣前の電撃大王付録のよつばフィギュアも、つい遊びたくなるフィギュアでウチでもよく写真にうつってるしな。今後も楽しみだわい。てなわけで今回はこんなトコすかね。みなさんも入手した人はフィギュアで遊んで面白ポーズをとらしたりしてみてくださいな。ではではっ

2005年05月20日

E3 2005開催中

紗久那はいはいっ みなさんこんにちわ~ですよ~ ここのところ天気が雨ふったり暑くなったり、なんだかとってもヘンな感じですよね。これから梅雨になったりすると、出かけるのもちょっとタイヘンかも。今のうちに遊びに行ったりしなくちゃいけませんね! ・・・というわけで今日はアメリカで行われているE3(Electronic Entertainment Expo)2005が開催されているので、来てみました!・・・・わけではないんですよネ(泣)

美由衣おいおい、お客さんダマしてどーすんねん。ウチらイロイロ出かけるけど、サスガにアメリカまでは行くことは無いぞ、多分。

らびーなそうですわね。もしかしたらそのうちお出かけすることはありませんけれども。ウチの店長は昔仕事で海外に行く予定が、通常の忙しすぎて中止されたことがあるくらい海外タイミングが悪い方ですので、わたくしたちも行くことは難しいかもしれませんわよ。

紗久那うう・・そうですよねぇ・・・。というわけで今回は、E3開催でネットでも賑やかしている新ハードや新ゲームの話題などをおウチでお話していきたいと思いますね。まずは先週に一足早く発表になりました、マイクロソフトのニューハード「Xbox360」ですかね。海外では「Halo」のヒットなどでちゃんとしたポジションを確立している「Xbox」ですけれども、日本ではかなり苦戦を強いられたのはおなじみですよね。

らびーな日本では小さなお店ではもう取り扱いしていない所もおおいですわね。発売日等は渋谷などで発売イベントを行ったり、テレビでも話題になっていたのですが・・・

紗久那今回発表で高機能さや小型化されたデザインはもちろんのこと、日本人向けと思われるタイトルの発表が同時になされたことが面白いですね~ スクゥエア時代にFFの生みの親として知られる坂口博信氏が、ドラクエやドラゴンボールでおなじみの鳥山明氏のデザインを起用して作成している「ブルードラゴン」。同じく坂口氏プロデュース、デザインにスラムダンクやバガボンドでおなじみの井上雄彦氏、ストーリーは直木賞作家の重松清氏、音楽は元スクゥエアの植松伸夫氏の「ロストオデッセイ」。他にもスペースチャンネル5等でおなじみの水口哲也氏や元カプコンの岡本吉起氏もゲーム開発を表明したりして、日本の人に注目されそうな話題を作ろうとしてますね~

美由衣んー、でもその人たちが作るっつーても面白いゲームになるとは限らんしなぁ。ワタシは漫画好きだから、鳥山明と井上雄彦がデザインやるってのは、ちょっと「おっ?」っと思ったけどな。あとはシラン。

紗久那あはは、美由衣らしいですね~ でもそんな美由衣でも少しは興味持つ点があるだけ、前回のXboxの時よりは惹かれるソフトがあるってことかも。まだまだ他にもタイトルが出るんじゃないかな? 今回のE3でもXbox360用ソフトが多数発表されていましたし。前のXboxでもソフト同時タイトルとして発売されていたソフトの続編「Dead or Alive4」、カプコンの新サバイバルホラーで数え切れないほどのゾンビの画面が興味を引く「DEAD RISING」、スクゥエア参入第1弾はすでにPS2やPCでリリース済の「FINAL FANTASY XI」などなど、たくさんあります。やっぱり海外メインのタイトルも多いですが、これは昔からですし、いわゆる「洋ゲー」好きな方もいますし引き続き国内でもリリースして欲しいですね。最近では翻訳ナシのリリースも多かったですけど、本体がたくさん売れてユーザーが増えればキチンとした翻訳のゲームも増えるかも。日本人向けのゲームもリリースするとはいえ、これが売れなくて、海外のゲームがウルトラ大ヒットするかもしれませんし、この先どうなっていくかは未知数。まずはスタートを綺麗にキメられればいいですね~

らびーなマイクロソフトは昔からワープロソフトや表計算ソフトなど、すっかり占拠していた市場を自分のものにするまで粘り強く続けますから。この先どうなっていくか分かりませんわよね。・・・とりあえずワタクシは、巨大な本体が小さくなったので、昔よりは良くなったなぁと思いましたわよ。

紗久那Xboxは小さくなったけど、ソニーの「プレイステーション3」はちょっと大きくなった感じですね~ 新プロセッサ「CELL」を心臓部に搭載し、ブルーレイディスク搭載やワイヤレスコントローラー等、最新の技術をつけまくりなこのハード。電撃発表とともにPS3のタイトルも大量に発表されましたね!

美由衣あ、なんかテレビで見たよ。いきなりガンダムのゲーム出るんだなぁ。PS2で出たばっかりでナンだけどまた出んのかよーとか思っちゃったよ。でも画面は綺麗だな。

紗久那他にも、最新作はPS3で!「メタルギアソリッド4」、ソニックチームの中裕司氏プロデュースのFPS「Fifth Phantom Saga(仮)」、以前からコーエーが黒澤監督の遺稿を元に作成すると発表していた作品「仁王」などなど、他にも「デビルメイクライ4」やグランツーリスモの流れを汲むみたいな「Vision GT」等いっぱい画面が公開されてます。

美由衣どれもこれも昔だとムービー画面で出てくるよーな画面だなぁ。たしかに綺麗だけど、ゲームが面白いかは分からんからな。でもまぁレースとかFPSとか臨場感がゲームに直結するやつは単純に画面綺麗だとウレシイね。アドレナリンでまくり。

紗久那最後に任天堂の「Revolution」ですね。こちらはグラフィックとかのスペックよりも、ワイヤレスネットワークのゲームサービス「ニンテンドーWi-Fiコネクション」を使って、ファミコンやスーファミのソフトをダウンロードして、今までの任天堂のゲームを提供するなどのサービス展開を中心に発表している感じですね。他のハードと比べてものすごく小さくてシンプルな外観が、今での任天堂のハードとは一線を画してますよね~

らびーなこのデザインはシンプルで大人っぽい印象を感じますわ。昔のゲームができることは、昔ゲームをやっていた人を引き付ける要素なんでしょうかね?

美由衣昔のゲームで客ひくってのもなんだか後ろ向きな感じもするけどなぁ。ま、去年はGBAの「ファミコンミニ」がヒットしたぐらいだし、そーいうのがやりたい層もいるんだろーけど。

紗久那レヴォリューションに関しては細かいスペックはまだ発表されてませんし、まだ画しているものがありそうですね~ 今回レヴォリューションもありましたけど、超小型GBA「ゲームボーイミクロ」もあったり、まだ発売されたばかりの時期である「ニンテンドーDS」でのワイヤレスサービスを使って新しい楽しみを提供することの発表で、ネット接続できる「マリオカートDS」や「どうぶつの森DS」も楽しみですよネ。ここのところDSの「nintendogs」のすれちがい通信が斬新でとっても楽しかったので、DSの新しい展開がチョット気になるんですよね~ レヴォリューションのワイヤレスネットワークもDSと同じものでしょうし、個人的にはハードウェアの進化よりも楽しみな部分です。

美由衣今日新聞みたら広告でDSの「脳を鍛える大人のDSトレーニング」がバーンと乗ってて、ちょっとやりたくなったなぁ。なんかこーいうのは普通の人がやりたくなりそーなタイトルだな。

紗久那これはちょっと試したくなるソフトですよね~ 任天堂は最近「Touch! Generations」というくくりでこのソフトや「DS索引辞典」や「やわらかあたま塾」など、一般の人に向けたソフトラインナップを展開しているようですね。任天堂の姿勢として、ゲームから離れた人や、いままで触れたことも無い人をひっぱってこようとしているのが他の2社よりも強いですよね。ゲームをたくさんやる人でも最近はゲームやらなくなった話を聞きますけど、趣向の違ったゲームでちょっとでもお客さんが戻ってきてくれるといいですね~。「レヴォリューション」はどうなるかまだわかりませんが、DSみたいに「レヴォリューションらしい作品」がでてくると個人的にはうれしいです。

美由衣まーぶっちゃけた話、出る前にアレコレ言うのが一番楽しいかもよ。出ちゃうとイロイロガッカリしたりしたりするもんだしねぇ。

紗久那それはたしかにありますネ。未知のものに期待したり、アレコレ想像したりするのは自分の都合よいことだけで考えちゃいそうですし~ 実際に手にとってホントに楽しいものになるといいですネ!

らびーなまだまだ発売までは時間がかかりそうですし、たっぷり妄想して楽しんでおきましょうね。妄想はタダですので。

紗久那妄想って言うとなんだかイヤな感じが・・・(汗) とりあえずまだまだ「ゼルダの新作」とかの既存のハードの新作タイトルの話もありますが、今回は長くなりそうなのでこのへんで終わりにしたいと思いますネ。ではではまた次回お会いしましょう~

美由衣ここんトコ、紗久那のゲーム話ばっかりでちょっと飽きてきた感じするから、次はワタシの話にしたいもんだ。そんなかんじでまたなっ。

2005年05月15日

エポック社の伝説のテレビゲーム

紗久那みなさんこんにちわ~です! さてさて、前回はアーケード筐体のミニチュアでしたけど、今回はまた家庭用ハードのガチャポンミニチュアですよっ その名も「エポック社の伝説のテレビゲーム」です~!

美由衣・・・エポック? なんかあんまりゲームと馴染み無い感じのメーカーだな。エポックのガチャポンつーと、ウチのお店ではプロモデラー選手権作品「花言葉」ってやつの紹介をしてるな。ガチャポンじゃないなら、チョイスの尋常じゃないマニアックさでドラファンをニヤニヤとさせている「コミックテイストフィギュア ドラえもん」もやってるけどな。でもあんまりガチャポンの機械に入ってるの見かけないよなぁ。「花言葉」のフィギュアも某ショップで売ってるの見て買ったぐらいだし。

紗久那そうなんですか~ ワタシもコレはお店で購入したんです。しかもこの商品、今年の1月ぐらいに出ていたものみたいなのですけど、最近まで発売されているの知らなかったんですよネ・・・ というわけで最近見つけたこのアイテム、今日みなさんにご紹介することになりました。

らびーななるほど~ ・・しかしこちらの品々、どれも知らないものばかりですけれども・・・でも、ちゃんとどのアイテムもちゃんと箱が付属しているのが良いですわね。

紗久那このシリーズは全部にちゃんと当時のパッケージもミニチュアとして付属しているのがイイですよね~ ユージンのファミコンのはDXでファミコンにのみ箱が追加になっていますけど、他は全部箱ナシですから、ここはポイント高いです。ではではサラっとラインナップを紹介していきましょう! このシリーズは名前のとおり、エポック社のテレビゲーム機のみのシリーズになっています。最近では任天堂、ソニー、マイクロソフト、あとはバンダイぐらいしかゲームハードが無かったですけど、昔にさかのぼると群雄割拠の時代もあったようですね。で、こちら「テレビテニス」。実は日本初の家庭用テレビゲーム機なんです。1975年9月12日にエポックから発売されたこちらの機械、マグナボックス社と共同開発にて作られたハードだそうです。マグナボックス社は1972年に「ODYSSEY」という世界最初の家庭用ゲーム機を作り上げた会社だそうです。で、こちらの「テレビテニス」、当時19500円で販売されていたようです。当時だとかなりの高額なハードですよね~ でも発売1年で五千台、最終的には一万台販売したそうです。


組み立て前のミニチュアのパッケージ(クリックで拡大) 真っ赤で横長テレビテニス(クリックで拡大)

らびーなちなみに1975年の大卒初任給は83600円ということですので、この辺から推察しますと、やはり高価な品物ということがわかりますわね。

紗久那ですね~ で、ミニチュアはちゃんと忠実にハードの形を再現してるみたい。このハードはテレビに接続するのではなくて、横にあるアンテナみたいなのでUHF電波を飛ばして、テレビはチューニングして受信するという仕組みになってるみたい。だからちゃんとこのミニチュアもアンテナがあるんですね。そしてコントローラーもなくって、本体についているダイヤルを動かすんですね。ちなみにゲームはひとつ、ボールを打ち合うテニスゲームになってます。

美由衣電波で飛ばすってのはスゲーな。まー当時じゃビデオも無いし、テレビになんかくっつけるって思想が無かったんだろな。

紗久那ではでは次、「システム10」です。こちらは1977年9月に15500円で発売されました。この時期になると、任天堂の大ヒット機「任天堂テレビゲーム15」と「任天堂テレビゲーム6」をはじめ、バンダイやタカラ、はては松下まで、いわゆるブロック崩し機を出して群雄割拠時代だったみたいです。その中でもこの「システム10」は、見てもわかるとおり銃型のコントローラーもついてて、今の光線銃とかガンコンみたいなものなのかな? でも、この辺が一線を画している感じですよね~ ミニチュアの方もちゃとケースに収納できる銃が付属してますね~ ちなみに総発売台数は20万台! スゴイ! と思ったら「任天堂テレビゲーム15/6」は合わせて120万台も出たんですって。スゴイなぁ・・・

美由衣当時も売れまくってたんだなぁ。・・・って昔話はおいといて、このミニチュアの方はディティールは全体的に甘めだけど、雰囲気つかんでてまーいいかな。なにより箱の印刷もちゃんとなってんのがいいね。


銃がポイントシステム10(クリックで拡大) イロイロスイッチがあるテレビ野球ゲーム(クリックで拡大)

紗久那ではでは次はコレ「テレビ野球ゲーム」です。こちらは1978年8月21日発売、価格は13400円。総発売台数23万台ということで、なかなかスゴイですね~ 当時のブロック崩しアレンジみたいなものが大半だった中で、野球ゲームができるっていうのは強かったのかな? それにちゃんとボタンが押せるコントローラーみたいなのが取り外しできるみたいなのもちょっと進歩してますよね~

らびーな・・・でも、片方だけで、本体にはまだダイヤルがついておりますわね。・・・いったいどういった操作方法なんでしょうか・・・

紗久那たしかにどういう風に操作するんでしょうね~ では次はチョット時間が進んで1981年7月30日発売の有名なハード「カセットビジョン」です! これは国内でのカセット式テレビゲームのハシリみたいな位置づけのハードですよね~ 「ギャラクシャン」や「きこりの与作」等の名作ソフトが遊べたこのハード、当時の子供達はおもちゃ屋でプレイして欲しくなった子がたくさんいたみたいです。価格は13500円、カセットは4980円ですけど、30万台ほど販売されたそうです。ミニチュアのほうは、ちゃんと取り外せるカセットが1つついてます。ちなみに「きこりの与作」なのがイイですね! 「きこりの与作」は音楽も味があって良いゲームですよね~


与作がイカすカセットビジョン(クリックで拡大) テレビゲームとデジタル科学展の目録より(クリックで拡大)

美由衣ですよね~って、アンタいくつだよオイ。

紗久那あはは、去年みんなで行った「テレビゲームとデジタル科学展」で展示されていたの見たでしょ? それですよ~ あそこで買った目録にも当時のハードの写真とデータが載ってますよ~ では次は最後「スーパーカセットビジョン」ですっ! これは1984年7月17日発売、価格は14800円。1983年に「ファミリーコンピュータ」が発売されて人気が広がっていく中、ファミコンに負けないグラフィックを搭載した「カセットビジョンの後継機」として発売されたハードです。「麻雀」や「ベースボール」、そして「マッピー」や「スカイキッド」等のナムコゲームも遊べるというなかなかのソフトラインナップがポイントです。それでもソフトのタイトルは全30種だったみたいですね。ミニチュアを見てもわかるとおり、コントローラーを本体の前方のフタを開けると収納できるようになっているのが面白いですよね~ あと本体にあるテンキーもついていたりして
。性能的にはナカナカでしたけど、もはやファミコンの勢いを止めることはできなかったんですね・・・(哀愁)


前方のフタがカッコイイスーパーカセットビジョン(クリックで拡大) フタの中からコントローラー(クリックで拡大)

美由衣ナニたそがれてんねん。まだなんかラインナップあるみたいだぞ。

紗久那あ、これはただのテレビですね~ このシリーズ、通常の5種以外にシークレットとしてゲームの画面を換えて遊べるテレビが2種類存在しているみたいです。ただテレビの色が違うだけなんですけどネ。


シークレットのテレビ2種類(クリックで拡大) マニュアルのコラムも面白い(クリックで拡大)

らびーなでもこちらのテレビ、昔のダイヤル式のスイッチになっておりまして、レトロ感満載ですわね。どうせならテレビ画面にフタがあるようなものがよろしかったのですけれども。

紗久那もうちょっと凝っていると面白かったかもですね~ あ、凝っているといえばこのシリーズ、「テレビテニス」以外のハードはちゃんと「RF端子」がついてて、そこを介してこのシークレットのテレビに接続して遊べちゃうようになってます。わざわざアンテナの分配の機械も作ってるのはちょっと関心しちゃいましたヨ。

美由衣なんか微妙なところに力はいってんな、このミニチュアは。でもまぁよくまぁこんなマニアックな商品が出たなぁ。

紗久那ホント、出てたの知らなかったのがちょっと悔しかったですよ~ エポックのゲーム黎明期の歴史もわかるし、マニアックなゲーム好きの方はぜひとも入手してみてください。マニュアルにも各ハードについて書かれている文書があったりでなかなか資料価値もあるかもです。・・・しかしエポックでこのようなガチャポンが出たのでしたら、ぜひともバンダイさんもお願いします! ガチャポンの有力メーカーで昔からたくさんのゲームハードを発売しているメーカーですから、きっと何人か強烈に反応する人がいますよっ! ぜひとも「アルカディア」や「RX-78」や「ピピンアットマーク」や「プレイディア」でシリーズを・・・!

らびーななんだか前と同じような終わり方ですわね・・・ それでは皆様、また次回も寄道しに来てくださいまし。

2005年05月10日

SEGAゲームハード ぼくのゲームセンター

紗久那はいっ! みなさんこんにちわ~! ゴールデンウィークも終わりましたし、みなさんまた学校やお仕事にガンバってますか? 次の夏休みまでがんばらなくっちゃいけませんよね~

美由衣あー、次の休みは夏休みか・・・ 夏休みになったらドカーンと休めるし、もっと遠出して遊びまくるぞ。

らびーな普段も比較的遊びまくる日常のような気も致しますが・・・ ですが私も夏休みは待ち遠しいですわね。

紗久那とりあえず毎日ガンバって、次のお休みを楽しみにしなくっちゃネ! ではでは本日のお話は、美由衣の担当っぽいUFOキャッチャーのアイテムのお話です。ワタシ好みのこんなアイテムだったので楽しみにしていたんですけど、ようやく入手したんです! といった感じの今回はコレ、「SEGAゲームハード ぼくのゲームセンター」ですよ~!

美由衣UFOキャッチャーのアイテム紹介はウチではめずらしいかな? いっつもワタシは食玩かガチャがメインだしな。しかもコレ、ゲーセンのゲームの筐体のプライズものなのか。すげーなオイ。


UFOキャッチャーとサイズ比較用のよつばさん(クリックで拡大) 結構細かいところもデキてます(クリックで拡大)

紗久那こんなアイテムがUFOキャッチャーに入ってるのがスゴイですよね~ なによりUFOキャッチャーの中にちいさいUFOキャッチャーが景品で入ってるっていうのもなかなかシュールな感じですよね~ ちなみにこのミニチュアのUFOキャッチャーは、正確には「NEW UFOキャッチャー」という機種で、UFOキャッチャーの機種では「初代」「DX」についで3代目の機種になるそ~です。現在UFOキャッチャーは「UFOキャッチャー7」という7代目の機種が現役で頑張っているみたいで、初代が出てから20年もの歴史があるんですね~

らびーな他のラインナップは、よくゲームセンター等で見かけます、ゲームの筐体なんですのね。レバーやボタン等もちゃんと造形なされてて、細かいですわねぇ。

紗久那ですね~ ちなみにこちらの筐体はそれぞれ「アストロシティ」「ニューアストロシティ」という筐体だね。セガのメカトロ研データベースの汎用キャビネットを見ると、アストロシティは1993年2月に出てるみたい。セガの汎用筐体の名前には「○○シティ」という名前がついているのが特徴で、1988年に出た業務用マザーボード「システム24」にあわせて発売された筐体「エアロシティ」からこの系列が始まっているのかな。その後は「MODEL1」の時代に「アストロシティ」、「MODEL2」というか「バーチャファイター2」の大ヒットにより普及する「ニューアストロシティ」と続いていきますね。「バーチャファイター2」の大ヒットはすさまじくて、当時家でプレイしたい人が「ニューアストロシティ」と一緒に約100万円を出して買ってしまうバーチャジャンキーな人も多かったと思います。その後は「MODEL3」の時には「ブラストシティ」、「バーチャファイター4」のネットワークに対応した「ネットシティ」といった感じに進んでいきます。こうやって見ると、バーチャファイターが大きく普及に貢献しているみたいですよね~

美由衣また紗久那が語りはじめたな。まいいや、このフィギュアはちゃんと画面が写真になってて、「バーチャファイター2」とか映ってるのね。


アストロシティたくさん(クリックで拡大) 画面も写真で映ってます(クリックで拡大)
 ニューアストロシティのバーチャファイター2(クリックで拡大) ひとつのセットには、代えの画面もついてたり(クリックで拡大)

紗久那そうですね~ このフィギュアでは「ニューアストロシティ」では、みなさんお馴染みの大ヒットゲーム「バーチャファイター2」「アストロシティ(横)」では、ST-V基盤で作られたはっちゃけ気味のアクションゲーム「ダイナマイト刑事」「アストロシティ(縦)」では、セガの歴史にキラリと光るストラテジーアクション「ゲイングランド」が入っているよ~です。縦とか横とかあるのは、シューティングゲームとかは画面が縦長なので、モニターを回転させて立て画面に変更している状態の筐体を区別しているということですね。ゲームセンターの筐体は基本的にモニターの縦横を変更できるようにできていて、ゲームに合わせられるようになっているのが大きなポイントですよね~ やはりシューティングゲーム等は縦画面でやりたいものです。ちなみに「ゲイングランド」は「システム24」基盤のゲームなので、できれば筐体は「エアロシティ」がよかったデス。

美由衣こだわるなぁ。でもまぁそーいう違いもちゃんとやってくれるとウレシイもんだしな。でもまぁホント、よくこんなゲーセンの筐体っつーアイテムが出たもんだよ。ちゃんとゲーセンイスまでついてるし。

紗久那ホントですよね~ でもまぁ「ファミコン」とかの家庭用ハードのガチャポンが出るくらいの時代ですもん、もうひとつのゲーム文化の発展している場所であるアーケードゲームのモノが出てもおかしくないかな~と思います。で、このシリーズですけれども、すでにVol2が出ることが決定しているんです。8月発売予定の「Vol2」では、アストロシティ筐体には「ファイティングバイパーズ」「2度ある事はサンドアール」という通好みのゲームが入って、そして大ヒットガンシューティング筐体の「バーチャコップ」、そしてそして、あの大ヒット体感筐体「スペースハリアー」が登場ですよ! よく考えるとセガの体感筐体シリーズはどれもこれもユニークな形のものが多いですし、立体映えする気がしますよね! 先ほども紹介しました、セガのメカトロ研のHPには、プライズ筐体体感筐体のデータベースもあるんですけど、見ているとオモシロイですよね~ ぜひとも「ハングオン」「R360」の筐体をこのラインナップに加えて欲しいと切に願います!! セガさんよろしくお願いします~~

美由衣なんか体感筐体はすげーの多いなぁ。たしかに「ハングオン」のはバイクだし、造形したらよさそーね。UFOキャッチャーのプライズだから、結構集めにくいラインナップだけど、人気出て続いていくといーかもな。とりあえず紗久那がんばれや。

紗久那もちろ、Vol2も揃えますよ~! お客様もゲームセンターでこのプライズを見かけたら、ひとつ取ってみてはいかがでしょうか! 結構見かけないプライズみたいなので、ゲームセンターを巡り歩いたりするかもしれませんが、この時代のアーケードゲームに思いいれがある方にはかなり良いものですので、入手してみてくださいね~!

2005年05月06日

nintendogsプレイ中

ヘンなメガネ装着させて遊ぶ紗久那

ホントに装着させてます
紗久那「nintendogs」、みなさんプレイしていますか~? アイテムが増えていくと「マリオの帽子」とか「アフロヘアー」など、意表を突いたアイテムが出てくるこのゲーム。ワタシはたま~にこの「パーティーメガネ」を装着させてますよ~! よくパーティとかである、あらかじめヘンな目が印刷されてるメガネなんですけど、このゲームにも出てくるんですよね~

美由衣ホントに装着させてんだよな、こいつ・・・ 可愛がってるのか天然でいじめてるのかよーわからんな、ホント・・・

2005年05月01日

ゴールデンウィークに出かけてきたよ

紗久那みなさんこんにちわ~! ゴールデンウィーク真っ只中、みなさんいかがお過ごしでしょうか? もしかしたらお仕事の方もいらっしゃるかとは思いますが・・・ そんな方は、ウチのお店で少しの時間、くつろいで行って下さいね!

美由衣そんな私たちはこの週末、ちょいとウロウロしてきたんだけどな。お客さんの忙しい忙しくないは関係なく。

らびーな連日いいお天気で、外に出歩くのは気持ち良かったですわねぇ。このままゴールデンウィーク終わりまでいい天気が続くと良いのですけれども。

紗久那ですね~ とりあえずイロイロ出かけたけど、まだ出かけることもあると思うし、雨降らないといいね~ あ、そだ、今回はちょっとだけ出かけたところの報告などしましょ~か。

美由衣うむ。では今日行ってきたのから、あのネットで大人気の1/1スコープドックでおなじみの「なんでも作るよ。」さんのスコープドックお披露目の展覧会に行ってきたぞ! ちなみに会場は水道橋、東京ドーム最寄りの駅で有名なトコだ。ちなみにウチの店長は会社帰りに同僚と行くパチスロ屋がこの会場のすぐ近くだったので、会場への地図見て一発で場所わかったそーだ。ま、結構分かりやすい場所だったけどな。

らびーな会場に到着しましたら、結構な人が並んでいまして、その人気の高さがうかがえましたわね。

紗久那会場の中も作者のkogoroさんの作成した作品も展示されていたり、ブログの書籍の先行販売やおみやげの販売もあったりな感じでした。会場内は撮影禁止ということでしたが、kogoroさんの作品のエリアは撮影可の張り紙があったので撮影することができました。どうやらスコープドックだけ撮影禁止みたいですね。ちょっと残念ですけどしょうがないかな~ ちなみに会場の天上に鳥の巣があって、頻繁に鳥が行き来してたのがフシギな感じでした。


展覧会の入り口 kogoroさんの作品も展示中
物販してるところ 天上の鳥の巣


美由衣それにしても生でみるスコープドックはものすごいなぁ。アニメとかで見る大きさよりも何倍も大きく感じたよ。ホント、あんなもんがローラーダッシュで迫ってきたら逃げるよ。絶対。あと鉄の錆びた感じとかがものすごーいリアルさを増してていいんだよねー。スコープドックだけじゃなくてAT用の銃もおいてあったんだけど、ものごっつデカいし。生で見た瞬間、皆「うぉっ」とか言っちゃうのワカルよ。自分も言っちゃったもん。

紗久那ワタシもつい言っちゃいましたネ~ あんなにおっきいとねぇ。昔みんなで行ったバンダイミュージアム等身大ガンダムの時もそうですけど、見た瞬間の衝撃はスゴイですよね~

美由衣やっぱりアニメとかで見たものが現実に存在しちゃうってのが不思議すぎるよなぁ。ガンダムも衝撃だったけど、今回のスコープドックは全身でとにかく鉄のリアルさがホントに存在してたっぽくなってるのがスゴイよ。これはもう見ておかないとね。近場に来た人は絶対見るべし!

らびーな他にもkogoroさんの作品もユニークなモノが実際に見れまして、とても面白い展覧会でしたわね。入場料無料で楽しめるこの展覧会、きっとみなさん楽しめると思います。

紗久那みなさんも見て欲しいですね~ では次の報告は・・・

美由衣次は、当初行く予定ではなかったのに、時間があまったので行って来たこのイベント「あ・石九博in汐留」だ。一昨日行ってんだけどね。

らびーなこちらは知らない方も多いと思いますので説明いたしますと、日テレにて毎週日曜日の夜10時30分から放送されております「中井正広のブラックバラエティ」のイベントでございます。

美由衣実はアノ番組が好きなんでな。なんとなーくヘンなノリが好きで。・・・で、ウチのお客さんであの番組見てる人が何人いるかわからんけど、行って来たということだ。

紗久那当日はゴールデンウィークということで、日テレではイベントを開催していて、この「あ・石九博in汐留」もその一部になってるようですね。でも他のブースはキチンと場所も説明されているのに、このブースだけなぜか場所ヒミツになっているんですよね・・・


あ・石九博の入り口(右の扉) 展示物の招き猫の頭にハチの巣がついたもの

美由衣ちょっと探したら見つかったのでウチらは見れたけど。ちなみに入り口の写真を掲載しとこう。入り口はやたらと狭いのに、中は番組で紹介したアイテムやら番組のセットやらもあったりで結構デカいんだよなー。それなのに展示は高校の文化祭みたいなチープな感じで統一してあったのはこの番組らしいね。番組の好きな人にはなかなかな内容なので、是非見て欲しいぞ。ちなみに行った日はクジの抽選をやる抽選券を貰うのに数時間並んでってなことになってたラシイぐらい人気があったみたいだ。つーかこの番組人気あったのか・・・と個人的に感心してもーた。ワタシぐらいしか見てないと思ってたのでな。

紗久那家族連れの人も行ってたり、どうやら老若男女問わず人気みたいですよ。ワタシも一応見てますし~ タンジェントくんが微妙にカワイイのがいいですね。クジの抽選方法は、どうやら人いっぱいなので変更になったっぽいので、これから行く方は注意してくださいネ。

美由衣ゴールデンウィークはまだ始まったばかりだし、お客さんもこれから時間あるならチョイトでかけて見に行ってくれい。ウチらもまだまだ行くところあるかもなんで、休み中また出かけて面白いトコあったら報告しますかな。

らびーなそうですわね。来週もどこかお出かけして行きましょう。ではお客様、また次回のお話もくつろぎに聞きにきてくださいまし。では失礼致します。