« ワンダ&リセットのおしゃれ泥棒! | メイン | フィギュア付き同人誌いろいろ »

美由衣こんにちわーっす。さてさて今回はまだまだワンフェスの余韻を引っ張る買い物してきたもの紹介の第二段、「おとぎ銃士 赤ずきん」をご紹介いたしますぞ。


おとぎ銃士 赤ずきん パッケージ 意外と多いパーツ数

らびーなこちらも美由衣さんが買おうと決めていたフィギュアですわね。ワタクシはこのフィギュアとセットになっておりますDVDアニメが気になりますが。

美由衣らびーなはアニメよりも声優だからなぁ。ま、この商品のポイントはなんつーてもDVDアニメとフィギュアがセットになって、「フィギュアニメ」なる造語を作ってプッシュしてるところなんかね。コナミは最近は食玩関係やらフィギュアやら玩具やらとガンガン作ってて、ゲーム以外の儲けとして頑張ってるからなぁ。ワンフェスに出展するのもスッカリお馴染みになってきたな。んでもって今回はこのワンフェス限定として販売するってことで、なぜか限定なのにTVCMもやったりホビー雑誌でも大きく取り上げられていた商品だ。

紗久那フィギュアとアニメっでフィギュアニメ・・・ なんだか語感だけで作っただけのような気もしますネ(汗) でもオリジナルの作品のフィギュアのキャラクターだと良く分からないから、アニメもくっつけて補完するっていうのもスゴイですね。普通ならマンガやアニメの作品ありきのフィギュアですけど、一緒にくっつけちゃうんですものね。

美由衣まー確かにこんなの無かったからチト話題にはなるな。アニメの方も製作を「マッドハウス」が担当してるって言う事だし、写真で見た発売前のフィギュアもなかなかよーできてる感じだったしで気になるもんであったな。つーわけでこのよーに開けてみたわけなんだが、なんだか比較的小さめなのにパーツ数は結構あるなぁ。手のひらだけでもグーとパーと握り用と銃用とあったり、武器もやたらと付いてるし。無論装飾物とかも。サイズは比較用にいつもの電撃大王ふろくのよつばちゃんを隣に置いたので大体わかるかな? 鎧とかつけない状態だとこんな感じになるんだね。腕のつけ根とか股関節とかはボールジョイントになってて割と良く動くね。このほっそい腕の関節もボールジョイントになってて自分でハメるんだけど、細すぎてチト壊れるかと思ったよ。それに腕は武器によって腕ごと交換するんでつけたりはずしたりしてたら割と外れやすくなっちゃう感じだ。ポーズつけさせてたらポロっと行った時もあるしなぁ。


よつばと比較(クリックで拡大) 関節こんなふう(クリックで拡大) 手首いっぱい(クリックで拡大) 腕と足のジョイントと(クリックで拡大)

らびーなホントにとても細い腕ですわねぇ・・・ この腕なのに、グリップは腕よりも太い武器が殆どなんですのね。

美由衣まーたしかに武器の方がデカいしなぁ。ちゃんと握り用の手で掴めるよーになるのはいいね。んでもって鎧を着せさせて武器なんぞ持たせてみた。鎧着ちゃうと腕の可動が狭められちゃうからこんな感じだけど武器とか持たせるとなかなかいいね。鎧も武器も結構塗り分け激しい感じのデザインだけどしっかり塗られてるなぁ。こーいうの好きなほうなんでこれは満足だな。


武器持たせてみました(クリックで拡大) 後ろから(クリックで拡大) 銃を構えてみた(クリックで拡大)

紗久那赤ずきんというよりは赤ヘルメットですけど、凝ってますね~ アニメだと簡略化してるみたいなデザインになっているみたいですけど、こちらはキャラクターデザインのイラストに忠実な感じですかね。コチラの方はアニメのデザイン、コチラの方はキャラクター原案のとくさ一味さんのイラストですね。

美由衣随分デザイン違うね。アニメだと細かいのはどーしよーもないしなぁ。あ、アニメも一応見てみたんだけど、いわゆる女の子が主人公の前に落ちてくるようなジャンルである「落ちモノ」ってやつになるのかな? 現代世界にもう一つの世界から来た赤ずきんと出会って敵を倒すって感じのストーリーだけど、なんだかTVアニメの第一話みたいな感じだったな。主人公にはある秘密があるんだけど、それが何なのかイマイチ分かってないし、まだ出てないキャラもあるっぽいしな。

らびーなワタクシとしましては、主人公の幼なじみのツンデレ系キャラクターの声を釘宮理恵さんが演じていらっしゃったのがポイントでしたわね。釘宮さんは「鋼の錬金術師」のアル役が非常に有名ですけれども、「りぜるまいん」のりぜる役等の萌え度の役もすばらしいですわよねぇ。

美由衣あの幼なじみはなかなかスゴいベタネタで良いな。我々もあーいうのは見習わなきゃイカンな。と、反省するのは置いといて総括だ。フィギュアもアニメもまーいいんだけど、いかんせん9千円は高いなーと。アニメが5千円としてもフィギュアが4千円? となるとチト高い感じするなぁ。比較的満足なんだけど、その部分が気になるところであった。そしてコミケ限定だと思いきやイベント限定商品?てことらしくて、3月にやる東京国際アニメフェアでも販売するらしい。しかもちょっと余ったらしいので通販もするらしい・・・ってイベント限定じゃないやん! さすがコナミ、恐るべし・・・ んでもってこのフィギュアニメ、アニメも続きそうな作りだし、赤ずきんは三銃士と呼ばれるグループの一人で、アニメでは出てきた白雪姫(魔法系担当)ともう一人、ハーメルンってのもいるらしい。この3人ぐらいはフィギュア出しそうだし、まだまだ続くんだろうなぁ。続けて買うかどうかは分からんけどネ。

紗久那ワタシはアニメの方の続きが気になるので、千円ぐらいは出しますヨ! この赤ずきんという作品、昔PSで出ていたゲーム「Dancing blade かってに桃天使!」という、桃太郎の女の子版みたいなアニメゲームと同じプロデューサーさんみたいなんですよ。あちらは日本昔話の超アレンジで、赤ずきんはグリム童話とかの超アレンジですから、似てますよネ。

美由衣まぁ確かに似てるって言えば似てる・・・のか? ゲームの方がよく判らんしなぁ・・・ まーまたイベント間近になったら発表とかあるかもしれんので、それで気が向いたら買うことにしようかね。コナミさん見てたらもちっと値切っておくれよナ!

コメント

うは、9千円もするのか5千円くらいかと思った(;´д`)

次回白雪姫のフィギュア出てもゆっくり買えばいいやね(・∀・)