« 2004年09月 | メイン | 2004年11月 »

2004年10月30日

年末に出るゲームを考える

美由衣おいっすー。もう10月も終わりで、今年も終わりに近付いてきたねー。このお店も昔のお店から復活して12月で大体1年。のらりくらりと営業してきてるけど、意外と続いてるな。昔の店のときは月に1回ぐらいしか話しなかったしなー

らびーな営業再開してそんなに時間が過ぎたように感じられませんけれども、月日の経つのは早いものですわね。年末に向けて、お店も頑張らないといけませんわねぇ。

紗久那年末に向けてがんばるのはゲームも一緒! 年末商戦に大突入ということで、大作やら新ハードやらと、今年のゲーム業界はいつになく盛り上がる感じがする年末なので、ウチのお店でもちょっとチェックしていきたいと思いますヨ!

美由衣あー、新ハードって、宇多田ヒカルのCMの「ニンテンドーDS」だろ? なんかめっさCM見かけるし、なんかおもしろそーにやってるから気になるんだよな、アレ。あれって画面に触れるんだろ?

紗久那そうですね~ 任天堂渾身の新ハード「ニンテンドーDS」も発売日が12月2日と近付いてきましたね。随分前からCMをやり続けたり、来週からは全国5箇所で大規模な体験イベントを開催したりと、かなりの力の入り方がわかりますよね~ 最近のニュースでは発売日に30万台、年内に100万台出すというニュースも出てきて、年末に一気に広めていく作戦でしょーか。CMを見ると確かになんかいつものゲームと違ってペンでいじってるから、楽しそうに見えちゃって気になりますよね~

らびーなあのCMは気になりますわね~ どんなゲームかはイマイチ分からないですけれども、なんだか楽しそうな表情が気になります。ゲーム画面を見せないで、宇多田さんが夢中になっているのを見ると、おや?っと思ってしまいます。テレビで美味しそうに料理を食べているのを見ますと、おなかがすいてくるような感じでしょうか。

紗久那あはは、たしかにつられちゃいますよね、あのCM。ゲームは最近のCMでちょこっと写るようになってきましたけどネ。発売日に出るソフトはニンテンドウ64版からのバージョンアップな「スーパーマリオ64DS」、すかさず出てきた人気シリーズ「さわるメイドインワリオ」といったおなじみな作品もラインナップされてますね~。こういった安心な作品もありますけど、新作もちょっと気になる作品もあるんですよ。本体に内蔵されているソフト「ピクトチャット」は無線LANを使って絵でチャットできるソフトなんですけど、色んな使い方で遊べそう。内臓っていうのもウレシイね~ 他にも既にネットでホームページの歌が人気になっている謎のソフト「きみのためなら死ねる」や、タッチパネルのこする動作でピカチュウたちを走らせるレースのゲーム「ポケモンダッシュ」もアツくなりそうなタイトルですよね~

美由衣ほ~ タッチパネルでこすったりするのは面白そうだな。興奮して画面にキズできないといーけどな。

届いたプラチナチケット葉書
紗久那どうなんでしょね~ 実際触ってみないと分からないかな。あ、そういえば、ワタシは「クラブニンテンドー」の会員で、ゲーム買ったら付いてくるポイントを入力して貯めているんですけど、400ポイント以上溜まっているんで「プラチナ会員」になってるんですよ。そうしたら、プラチナ会員の特典として、さっき紹介したDSのイベントの優先招待券を貰えたんですよ~! このイベントは特に入場はフリーなんですけど、このチケットがあると、開場で行われている特別なイベントに参加できたり、一般入場者とは別に、特別に設けられているプラチナ会員専用のゲーム体験台でプレイできたり、記念品と交換できたりと、結構オイシイ特典が付いてくるんですよ。プレゼントとか貰えるとかは結構よくあるけど、優先台てプレイできるっていうのは珍しいですよね~ 人気のあるゲームとかは人いっぱいになってそうですしね。このチケットで8人まで同行できるみたいなんで、イベントの日に実際行ってみましょうね~!

らびーなこのイベントは人がどの程度集まるかわかりませんけれども、優先でみれるのは良さそうですし、ちょっと行ってみましょうかね。

紗久那キマリですね! では次、この「ニンテンドーDS」の対抗機プレイステーションポータブルこと「PSP」ですね~。ギリギリまで発表のなかったPSPですけど、ようやく発売日が12月12日、価格は19800円と決定しましたね~ 「ニンテンドーDS」が15000円という安さで皆驚いちゃいましたけど、こっちも結構負けてない安さですよね。値段の差は結構少ない2つのハードですけど、DSにくらべてPSPはまだCMもやってませんし、これから広告展開で怒涛の追い込みがあるのかな。SCEはいつもCMスゴイですしね~

美由衣こいつは本体のデザインがごっつかっこいいなー。コレ欲しいな。で、これで何ができるん?

紗久那えーと、PSP専用タイトルは12月に21本発売されるようなのですが、大体は移植作品で占められているみたいですね。オリジナルとしては、ハドソンから出ます「煉獄」というタイトルが注目かな。PSPは、携帯機とは一線を画した大きくて迫力のある画面を楽しめるものが最初に出てくるような感じもしますね。プレイステーションの最初のタイトルとして牽引したものがPSPでも!といった「リッジレーサーズ」や、大人気3Dゴルフゲームがどこでもできる「みんなのGOLF ポータブル」、PS版ではポケットステーションとPSとで画面が違うものだったのに、今回はPSみたいな画面を持ち運べちゃう「どこでもいっしょ」など、新鮮はは無いけど手堅く楽しめる作品が多いですよね。今後はあのレベルファイブが開発を手がける新作RPGが出たり、現在展開中のFF7タイトル第4弾「CRISIS CORE -FINAL FANTASY VII-(仮)」が突如発表になったりと、これから色々と発表になるんでしょうかね。私としては、セガサターンで出たアクションRPGの「プリンセスクラウン」がラインナップとして上げられているのが気になって気になって・・・ サターンのソフトを未だに2本持っているぐらいスキなのでネ(はぁと)

美由衣なんで2本あるんやねん。ま、ソノ話はスルーして、色々と出るもんだな。紗久那はこれ両方買うんだろ?

紗久那モチロンですよ~! 両方予約できるようになったら、予約しておかないとなぁ~と思ってますが、どうかな~ ハードはなかなか予約上手くいかないので・・・ 皆さんも予約できるなら予約しておいて、当日朝から並ばないで買うといいですよ。12月で寒いですしね~

らびーなたしかに12月に朝から並ぶのはキビシそうですわねぇ・・・ あ、そうそう、ワタシは11月27日発売の「ドラゴンクエストVIII」が気になるのですけれども、こちらも並びますでしょうか・・?

紗久那あ、ドラクエも出ちゃうんですよね! これも買わないと・・・ これはもう各地で予約できるからしちゃったほうがイイと思うけど、大きなお店とかならたっぷり入荷してるんじゃないかな? むかーしのドラクエIIIとかの時は、超大行列で社会問題にまでなったみたいですけどね。そーいや新ハードだけじゃなくて、今回の年末商戦はドラクエが一番スゴイかもですね。なまじ数でるしね~ 他に年末は、12月3日「グランツーリスモ4」、12月9日「機動戦士ガンダム ガンダムvsZガンダム」、12月16日「メタルギアソリッド3」「テイルズ オブ リバース」。といった感じ、ざっと上げただけでも売れそうなタイトル満載ですよね~ このほかにも気になるタイトルも出て、いったい何本買えばよいのか・・・

美由衣んな、全部買っても絶対積みゲーになるからな。とりあえずドラクエ買ってクリアしたら買えって。

紗久那そーなんですよねぇ・・・ お金も大変ですし、やりくりしてがんばりますかねぇ・・・ 来年になると、また気になるものも多数でますしね。とりあえずお店のお手伝い頑張って、お金ためないといけませんねぇ・・・ お客様はどんなゲームを年末買いますか? ちゃんと計画を立てて、ゲームやハード買いましょうネ!

美由衣アンタが言っても説得力ないがな。

紗久那うう・・・

らびーなおもちゃいっぱい購入していらっしゃる美由衣さんも同じような感じがしますが・・・ お客様方は無駄遣いしないように気お付けましょうね~

2004年10月26日

ユージン SR セガヒストリーコレクション

らびーな皆さん御機嫌ようございます~。 なにやらとっても寒くなって参りましたけれども、風邪などひいていらっしゃいませんでしょうか? ちょっと流行ってきてるようなことをお聞きしましたので、皆さんお気おつ下さいまし~

美由衣たでーまー。ホント外さみーなー。あ、紗久那、ほいコレ。頼まれてたやつ入手しといたぞ。結構探して大変だったんだよなーコレ。

紗久那あ、ありがとう~! これでようやくゲットできました!「SR セガヒストリーコレクション」! 前回の「Nintendo HISTORY COLLECTIONファミリーコンピュータ編 」も良かったので、出るの楽しみにしてたんですよ~ 前に「メガドライブ大全」の紹介の時に、先行でメガドライブの海外版「ジェネシス」のフィギュアが付いてきてたので、デキは大体理解してたんですけどネ。今回は全部で6種類のラインナップで、セガの多彩なハードの歴史が一望できちゃうんですよ~!

美由衣紗久那ノリノリだな。でもまーこーやってみるといろんなのあるなー。「セガサターン」とかは遊んだことあるけどな。それ以前のは紗久那も持ってたっけ?

紗久那ワタシは持って無いですけど、一応色々いじらせてもらったことあるんですよ~ どのハードも個性的なタイトルがプレイできました名機ですからね~ さて、順を追って紹介していきましょうか。
 まずはこれ、「セガマークⅢ」!マークⅢと言う名の通り、「SG-1000」(Ⅱ)「SC-3000」に続いて3番目のセガハードということでこの名が付けられた名機ですね~。「カートリッジ」の差込みスロットと「マイカード」と呼ばれるカード状のカートリッジのスロットの2つのスロットが差し込める仕様になってるのが面白いですよね。最近だと、ニンテンドーDSがGBAのカートリッジスロットとDSのソフトのスロットの2つある仕様ぐらいですからね。あ、MSXでは機種によっては2個スロットがあるやつもあるけど、あれは同じサイズだからチョット違うかな。で、2つのスロット以外にも、前の機種のソフトもちゃんと対応してて、ソフトの数はかなりのものだったんじゃないかな。でもでも、マークⅢといえば「ゴールドカードリッジ」! この大容量を生かしてアーケードで大人気だった「ファンタジーゾーン」「スペースハリアー」が堪能できる!ということで、ゲーム好きの人は魅力的なハードとして受け入れられていたみたいですね~。他にも「北斗の拳」「スケバン刑事Ⅱ」「ファンタシースター」など、オリジナルのソフトもなかなかですよね!


セガマークⅢ(クリックで拡大) マスターシステム(クリックで拡大)

らびーな紗久那さん、とてつもなく長いゲームの思い出話ですけれども、フィギュアの話までは至っていないですのね・・・ フィギュアの方はホントに小さいですけれども、カートリッジの絵までちゃんと印刷されておりますし、よくできておりますわね~

紗久那ですね~! カートリッジは「ファンタジーゾーン」、マイカードの方は「ティディーボーイブルース」ですね。BGMは、タレントの石野陽子さんがアイドル時代、デビュー曲として歌っていた曲になってたりしてますね~ タイトルもゲームと同じだったようで。・・って、また話がそれてきた(汗) ゲーム本体の横に装着されているのはFM音源ユニットで、「アウトラン」からFM音源に対応したソフトが発売されて、これを付ければゲームセンターのような迫力ある音楽を鳴らすことができるステキな装置でした。その後このFM音源ユニットが内蔵されたマークⅢとして、連射装置や3Dグラスが装着できるなどの付加がされたハードがこの「マスターシステム」! このボディの黒がシックな感じで今でも通用するかもしれないカッコ良さがありますよね! もともとマスターシステムは海外版のマークⅢのデザインのようだったみたいで、なんとなくデザインがそれっぽい印象もありますね~ フィギュアもその大人っぽい印象そのままミニチュア化されておりますよ。付属のカートリッジは「ファンタシースター」と「忍者プリンセス」。忍者プリンセスは、ドットキャラクターも当時としてはカワイイゲームで、なかなかの人気があったソフトですよね~

美由衣ですよねーって言われても知らんが・・・ でもまーたしかに結構カッコイイデザインかもしれんな。・・・そして、次はあの前回見た、ゴキブリみたいなメガドライブか。今回はやたらとなんかゴテゴテしてるな・・・


メガドラタワー(クリックで拡大) メガアダプターとソフト(クリックで拡大)

紗久那ゴキブリじゃないってば! 今でも根強いファンを持つ伝説のハード、「メガドライブ」ですよ! しかも今回は付属パーツとして、マークⅢのソフトが遊べる「メガアダプタ」まで付いてくる豪華さなんですからっ。そしてもうひとつ、こちらのフィギュアはメガドライブを最強へと導く伝説のアイテム「メガCD」もフィギュア化! なおかつ付属パーツとして「スーパー32X」までフィギュア化ですよ!

美由衣どーでもいーけど、「スーパー32X」ってスゲー名前だなぁ。なんか爆弾の名前みたいだし。

紗久那・・・たしかに名前スゴイですよね。「スーパー」な上に「X」付いちゃってますし・・・ でもでも、後続機が出たあとに強引にパワーアップ追加ハードを出して、ソフトも18本しか出なかったという、ちょっと可愛そうなハードですので・・・ ちなみにフィギュアの付属ソフトは、あの「バーチャファイター」! もうサターン版も出ちゃった随分後に出た32X版ですけど、トーナメントモードやカメラ視点の変更ができるなどのオリジナル要素がついていたようですけど・・・ でも、あのメガドライブで遊べることができたということに意義があるんでしょうね。あ、他にこのフィギュアの付属として「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「夢見館の物語」のソフトも付属してますよ~ メガドライブのフィギュアに付属するソフトは「ソニック」か「エイリアンソルジャー」のどちらかのカートリッジが付くようです。「ソニック」は、セガの看板キャラクターとしてお馴染みですが、「エイリアンソルジャー」はメガドライバーの心のソフトですから、両方そろえたくなっちゃいますね~ 「メガCD」のフィギュアはちゃんとフロントローディングの開閉も再現できていますし、メガドライブのフィギュアと32Xを使ってメガドラタワーを建造するのもまた一興かと。メガドライブの話は前にやったので、これぐらいかな~

らびーなもう十分長いとおもわれますので、次に行きたいと思います。次はもうウチにもありますハード、「セガサターン」ですわね。これならプレイしたこともありますわねぇ~

セガサターンとソフト(クリックで拡大)
紗久那セガ6番目のハードは、太陽系6番目の惑星の土星にちなんで付けられた「サターン」ですね。プレステと一騎打ちを演じて序盤は先に100万台突破するなど善戦したものの、FFやドラクエがプレステで出てしまうことで一気にトップの座から転落していってしまったのは記憶に新しいところ。でもソフトはいいソフトが満載で、2D格闘のゲームやシューティングゲームでは未だにサターンしか移植されていないソフトも多いので、現役で使っている人も多いんじゃないかな~? ちなみにウチのサターンは最近動かしてみたら何故だかウンともスンとも言わなかったです・・・(涙)

美由衣うわ、壊したんだ。ヒデー。

紗久那こ、壊してはいないんですけど・・・(泣) き、気を取り直して、最後のハード「ドリームキャスト」を・・・ って、これはまだまだ今でも細々とソフトが出てますし、なんとか現役かもですね~ アーケードでは同一ハードの「NAOMI」の規格のソフトがまだ存在してたりもしますし。あと、まだサミーとセガが合併する前からですけど、サミーはドリームキャストのグラフィックチップをパチンコ、パチスロの液晶表示用チップとして使用したりしてますね。ちなみにタイトルとして「猛獣王」「北斗の拳」等に使われてるみたいで、どれも超ウルトラ大ヒットのパチスロ機ですよね~ 「北斗の拳」に至っては、パチスロ筐体が60万台という物凄い売り上げで、一台大体30万~40万円する筐体で、その売り上げは・・・ と、うちの喫茶店の営業規模からは遥か彼方な売り上げ。そんな超ヒットの筐体の一部に、ドリームキャストの魂が少し宿っていると思うと、ちょっと感慨深いものがありますネ・・・ ちなみに今週ですけど、サミー会長の里美さんの持ち馬、「サトノケンシロウ」が、新馬戦で勝利したそうです。パチスロにあやかった名前みたいですけど、物凄い馬の名前ですよね・・・


おなじみドリームキャスト(クリックで拡大) ソフトとビジュアルメモリー(クリックで拡大)

美由衣どうせなら「サトノコクオウゴウ」とかだと他の馬踏み潰しそうでいーかんじだがな。強そーだし。って、なんで馬の話になっとるんっ! フィギュアの話だってば。フィギュアはなかなかなんじゃない? なんつーてもこの米粒みたいなサイズのビジュアルメモリーが、ちゃんとキャップはずせてコントローラーに装着できちゃうし、こりゃすごいや。ミニチュア感満載だ。

紗久那たしかにこの造形は細かいですね~ 付属のソフトは「スペースチャンネル5」。これは主人公うららの人気が一般にも広く知れ渡ったソフトですよね。イマイチ売り上げには繋がらなかったかと思いますが、突き抜けた話の展開はなかなか面白かったソフトですね。最近はまったく展開もないですけど、また新しいうららの姿も見て見たい気もしますよね~ と、いうわけで、なんとか説明終わったかな?

らびーな脱線しまくりでございましたが、なんとか。フィギュアの紹介と言うよりは、ゲームハードの解説といった感じでございましたが。

紗久那あはは・・・たしかにホトンドそんな展開で、その上長い話になっちゃってゴメンなさいね~(汗) ついつい熱くなっちゃうので・・・ でもでもこのフィギュア、なかなか細かくって、ひとつぐらいガチャポンをまわしてゲットするのをオススメしますよ~! きっと気に入ると思いますのでネ!

2004年10月22日

ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤル

紗久那こんにちわっ! 今日はチョット前に買ってあったこの作品、「ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤル」をご紹介致しますよ~! このゲームはおなじみキャラクターたちが仕掛け満載のステージでひたすら相手のHPを0にするまで戦い続けるバトルロイヤル型のアクションゲームなんです。プレイヤーは3Dのステージを移動やジャンプで自由に動いて、落ちている武器やアイテムを駆使して戦うという結構単純なゲームですね~ ステージは裏と表の2層構造になってて、ゲーム中に強制的にステージが切り替わったりで賑やかさを演出してますね~ 一人用で楽しむよりは4人同時にできるのを生かして、みんなでワイワイやるのが良いかなっていうゲームですね。


ドタバタバトルなゲーム画面 ストーリーモードのかけ合い画面 必殺技で、胸に七つの傷が・・・

美由衣ケロロ軍曹はアニメも人気だし、もちろん原作のマンガも面白いからな。アニメでずいぶん小学生とかにも人気が出てるみたいだし、ゲームも当然つー感じだよな。このゲームちょいとやらせてもらったけど、よくもまぁ原作とかアニメでも猛威をふるってるパロディネタが満載だよな・・・ 特にガンプラネタ・・というかガンダムネタは満載だな・・・ アニメもスゴイ勢いでガンプラネタやってるけど、こっちのゲームも負けてないなぁ。一番衝撃を受けたのは、ダメージを受けたときに画面にでる擬音なんだけど、「ザク」とか「ギャン」とか、全部たぶんガンプラの時の各プラモのロゴと同じなんだよな。なぜか「バキ」って効果音はチャンピオンのマンガのロゴと同じだけどな。なんでやねん。

らびーなそういった小ネタでしたらこちらのゲーム、落ちてる武器にガンダムのビームライフルでしたり、エヴァのロンギヌスの槍でしたり、他にはザクマシンガンやらギャンのシールド、果てはガンダムのスペースコロニーまで、ホントに多彩ですわよねぇ~ 一番驚きましたのは、そのビームライフルやザクマシンガンの効果音が、ちゃんとガンダムの劇中の効果音と同じことですわよ。一番極めつけですのは、スペースコロニーを使いますと、ガンダムの劇中にありました、「コロニー落とし」と同じように空からスペースコロニーが降ってくるんですが、その時のナレーションに似たようなナレーションのセリフが入るのも、ちょっと笑ってしまいます。「ケロロは、自らの行いに恐怖した・・」とか言うんですのよ。こういった細かいネタがちゃんと作られているのがすごいですわね。サスガはバンダイ製作のゲームですわね。


ギャン! ア○ロ、いきまーす! 衝撃のコロニー落とし(キャラ全員にダメージ) なぜかトキ様が・・・

美由衣うむ、確かに細かいところまでよくやってるよなぁ。さっきのアイテムとかもそーだけど、ステージの仕掛けも凝ってるんだよ。秘密基地ステージの格納庫ステージだと、なぜかガンダムのミデア輸送機に似た戦闘機が置いてあるんですが、たまにそこの入り口が開いて、そこに入るとガンダム風射出でステージ外に飛んでいったりな。ご丁寧に全キャラ射出用のセリフもガンダム風で「ギロロ伍長、出るっっ!」とか言うのがスゲー。他にも神社のステージの賽銭箱の鈴を鳴らすと何故か時々中に北斗の拳のトキっぽい人が座ってたり、日向家ステージの中では自分が小さくなった感じで机の上のでの戦闘だけど、ガンプラがおいてあったりプラカラーがこぼれてたり(踏むとしばらく足跡つく)なんか面白いんだよな。全部で5ステージ×表裏2個で10個のステージがあるんだけど、もっと色々あったらもっと楽しめたんだけどなー。さすがにもっと作ると大変かな?

紗久那ん~、よくわからないですけど、ステージはこのゲームの楽しむ要素としてかなり大きいですし、大いに越したことはないですよね。このゲーム、一人用のストーリーモードはステージ数と同じ全5面なんですけど、ちょっと少ないかな?という感じもするんで、もっとあると嬉しかったですね。でも一つ一つステージの仕掛けは面白いし、とっても楽しめますよね。ゲームは基本的に単純ですけど、このステージの仕掛けが予想外の展開になって、結構笑える戦いになるのが面白いですね~

美由衣このゲームはゲームの面白さというよりも、色んなネタを楽しむってのがイイ感じしたなー。なんかスキあらばネタが仕込まれてる感じがするのが単純に楽しめたよ。あ、あとゲーム本編もスゴイがオープニングムービーもすごいよなコレ。もーネタ満載だし。歌もなんだかノリノリだし。個人的にものすごくツボだったよ。このOPはちょっと必見かもしれん。機会あったら見ておくれ。


7等身ケロロとギロロの頭上に死兆星が・・ U子さぁ~ん 願いがかなう不思議なボール?

紗久那オープニング面白いですよね~ 一応全キャラクターでクリアしてみたんですが、一人用プレイは難易度が急激に上がったりしてちょっとストレスが溜まる感じもしましたね。お話はいつものケロロのノリ満載でたのしめたんですけどね。特に地底ステージで破壊しなければならない戦いは、自分以外のキャラは全部敵で、敵を倒しても無意味なのに復活してくるし、目的物を破壊しようとすると後ろから攻撃されたりとカナーリつらい戦いで、ここだけ難易度が非常に上がってるのがきになりますね~ ノリで楽しむのが大きい版権物のゲームですし、もう少し難易度が低かったらな~と思いました。何度も言いましたが、色々な小ネタはもう満載ですし、パロディ要素が楽しめる人はオススメかと。

らびーなケロロ軍曹という作品自体、パロディという要素が大きいタイトルですし、このゲームを手に取る方はすでにパロディの要素が受け入れられる方が大半かと思われますわね。

紗久那そうかもですね~ 原作ファン、ガンダムファンなど、ちょっと気になった方はプレイしてみるのもいいかもですね。あ、話わすれてたけど、まだ感心した子ネタを最後にご紹介。メモリーカードにセーブ中のアイコンがなぜか「ゴッグのモノアイが動いている」というアイコンになっていたのと、ゲームロード中の画面が3種類もあって、全部やたらと凝ってるのは必見ですよ! 是非とも見てみてくださいね~


チョットだけヨなローディング画面 ゴッグなアイコン

2004年10月18日

スウィイングガールズを見に行ってくる

紗久那今日はみんなで映画「スウィングガールズ」を見てきましたんですよ~。見た後スッキリする映画でしたっ! 面白かった~

美由衣監督が「ウォーターボーイズ」と同じだから似たよーな感じだけどな。でもまー単純に映画を見て楽しく帰りたいっていうのならオススメだね。終わり方もスッキリだしね。さっき「ウォーターボーイズ」と同じ感じって言ったけど、あっちの作品が良かったと思う人ならコチラもオススメだろね。んでもって、らびーなはどーだったん?

らびーなモチロン映画もとても楽しく拝見させて頂きました、それは置いておいて、なんと言ってもスウィングガールズの一員の関口さんがすばらしい眼鏡っ娘ぶりが強烈でして・・・ ワタクシも感心することしきりでしたわ。見習わなければ・・・


似てない関口さん

美由衣どんな感想やねん。でもまー関口さんはソノ筋の人にはツボにきまくるだろな~ この映画、一人を除いて女子高生だし、制服だしで、んでもって制服で演奏だしで、あらためて考えるとスゴイな!「ウォーターボーイズ」は海パン男子校生だったけど、こっちは制服女子高生だし、目の保養度がアップしてる感じもするんで(ダウンしていると感じる方もいると思いますが)、そーいった方もそーで無い方もいいですよということだな。

らびーな関口さん役の本仮屋ユイカさんは「3年B組金八先生」に出てたり、来年はNHKの朝の連続ドラマのヒロインに選ばれるはで、かなりご活躍のご様子。ぜひとも頑張ってほしいですわね。

紗久那さすがらびーな、素早く調べてるのね・・・ なにはともわれ、皆さんも気になったら見に行ってみてくださいね。あ、そそ、フジテレビの10月23日の深夜26時45分から「スウィングガールズ ニューヨークへ行く」(仮) という番組をやるみたいです。素顔のスウィングガールズの皆さんを見たい方はご覧になるとよいかもですよ~ スカイパーフェクTVが見れる方でしたら、以前映画公開前にフジテレビで放送されたメイキング番組サイドストーリも見ることができますので、そちらも見れる方はどうぞ~

2004年10月14日

コミックテイストフィギュア ドラえもん第3弾 ~さようなら、ドラえもん編~

らびーな皆様こんにちわ~ 台風が通過いたしましたが、あまり良いお天気にならないし、更にまた台風が接近しているご様子。なんだか憂鬱な日が続きますが、皆さんいかがお過ごしでしょうか~?

紗久那ホントにイマイチな天気が続いてるね~ 雨の日はゲーム日和といえども、長く続くとね~

美由衣そんなときはこのフィギュアを! といった感じで今回はこの「コミックテイストフィギュア ドラえもん第3弾 ~さようなら、ドラえもん編~」ですよっ!

紗久那どういった進展でこのフィギュアになるのかサッパリなのですが・・・

美由衣まー細かいことは気にすんなってばよ。んでもってコレだけど、まー誰もが知ってる「ドラえもん」のフィギュアシリーズの第三弾だな。他にもドラえもんといえばあらゆるグッズやらオモチャやら出てるんで、人形とか数えられないぐらい出てると思うんだけど、この「コミックテイスト」シリーズは、原作のマンガの絵をモチーフにフィギュア化しているシリーズなんだよね。だから微妙に体つきとかアニメと違ってずんぐりした初期のドラえもんの形だったり、そーいう所までちゃんと似せて作ってるんだよね。しかも毎回マニアックすぎるぐらいのラインナップでドラファンでさえ驚くというのがまたスゴイんだよねー。今回の「さようなら、ドラえもん編」は、あの原作6巻最後と7巻最初の部分を大きくクローズアップしたラインナップになってんだ。

紗久那あ、「さようなら、ドラえもん」って、あの単行本6巻の未来の国に帰っちゃう話のことなんだ~、昔読んだなぁ~(しみじみ)。最終回みたいな話の上に、単行本の6巻ってその話の後にひみつ道具の紹介のページとかあったりで、あれ、何で単行本まだいっぱいあるのに終わっちゃうの?って思ったなぁ~ 7巻の最初が続きになってて、「ウソ800」使って戻ってくる話になってて、今思えばちゃんとお話が続いているのってあれぐらいだったよ~な感じもしますよね~。


泣ける「かったよ、ぼく」(クリックで拡大) 感動的な「心配するなよ、ドラえもん」(クリックで拡大) ドラえもん箱がいい感じ「帰ってきたドラえもん」(クリックで拡大)

美由衣今回のこのフィギュアの6種類(ひとつレアシークレットで7種類)のうち、3つが「さようなら、ドラえもん」のエピソードのフィギュア化になってるんだね。この「かったよ、ぼく」は、未来の国に帰っちゃうドラえもんが安心して帰れるように、のび太はぼろぼろになりながらも自力でジャイアンに勝利して、駆けつけたドラえもんに支えられながら一緒に家に帰る感動的なシーンだな。そして次の「心配するなよ、ドラえもん」のフィギュアは、未来の国に帰っちゃって、タイムマシンの入り口となっていた机のひきだし普通のひきだしに戻っているシーンだーね。がらーんとした部屋で机を見つめながらたたずむシーンがいい感じだよな。そして最後「帰ってきたドラえもん」では、単行本7巻最初のエピソードに移って、ドラえもんが残したひみつ道具「ウソ800」を取り出しているシーンだね。この「ウソ800」、飲むと何でも言ったことがウソになるひみつ道具。これを飲んだ後に「もうドラえもんは二度と帰って来ない」とつぶやくと、道具の効果でドラえもんが帰って来るという話だったね。

らびーなドラえもんの単行本はお家に物心ついた時からありまして、よく繰り返し読みましたから、この話はとてもよく覚えていますわね。もっと小さい頃はあまり感動した印象はなかったのですけれども、最近になってちょっと泣けるようになってきましわわ~ 特にこのジャイアンとのケンカに勝利して、ドラえもんと一緒の帰るシーンがとてもすばらしいですわね!

美由衣おお、らびーなも随分リキ入った感想だな。小さいころ感動薄いってやっぱあるよなー。ワタシは今でもそんなに泣けるってわけじゃー無いんだけど、昔はホントにサラッと読んでた感じするしー。

紗久那え~、ワタシは初めて読んだ時泣いちゃいましたよ~。美由衣は冷徹超人だし・・・

美由衣わしゃウォーズマンか! ・・・ま、感想はおいといて、次説明すっか。この「のろいのカメラ」は、単行本4巻収録の話で、のろいのカメラで人を写すとその本人そっくりの人形が出てきて、その人形に対して何かすると本人にも実際に伝わるというスゲー怖いアイテムだな。このフィギュアでは人形にヤカンの水をかけて、おねしょのクセがあるスネ夫は街中でおねしょしているよーになっちゃうシーンだ。注目すべきはこの意地悪そーなドラえもんの表情!しかも体系が初期のドラえもんなのでちょっと胴長な所とか、シッポがちょっと長いとか、微妙なところが面白いよね。


「のろいのカメラ」イジワルそーなドラ(クリックで拡大) エマージェンシー中のスネ夫(クリックで拡大)

紗久那なんだかよく考えるとスゴい話ですね~ ちょっと笑っちゃうシーンですけど(笑)

星野スミレ初立体化(たぶん)「めだちライトで人気者」(クリックで拡大)
美由衣「めだちライトで人気者」。これは単行本24巻収録の話で、浴びると人気者になれるという、これまたスゴイアイテム。でもコレを浴びたのび太が芸能人みたいに追っかけまわされて、逃げてる先であの人気アイドル「星野スミレ」に出会うシーンだね。星野スミレといえば、あの「パーマン」の「パーマン2号」の正体ということで有名だよな。このドラえもんの世界での星野スミレはちょっと成長してて、このエピソードの中で好きな人が遠い国に行っていることを話すシーンがあるんだけど、もちろんこの好きな人のことは「パーマン一号」こと「須羽みつ夫」のことだね。「パーマン」の最後でみつ夫はスーパーマンの星へ旅立っちゃうことから「遠い国」って言ってるんだろうね。
 ってなんてマニアックな選択なんだ、このフィギュア・・・

らびーなマニアックなのは美由衣のことのような気も致しますが。

紗久那たしかにフィギュア一個でパーマン話まで行くとは思わなかったね~ 面白いけどネ。

美由衣らびーなうるさいっ。では最後はシークレット「お風呂大好き、しずかちゃん」。これはもうついに来たか!という感じのフィギュアだね。いつもお風呂入ってるあのしずかちゃんだけど、今回とうとうこの入浴シーンがフィギュア化されちゃいました。一応シーンとしては単行本34巻「雨男はつらいよ」のエピソード中の、どこでもドアを倒したところがしずかちゃんの入浴中だったというなんともエロいシーンをフィギュア化してるよーだ。漫画だとちゃんとカラダまで出てるんだけど、サスガにこのフィギュアでは肩から上だけになっちゃったな~ これが「わたおに」とか「リカヴィネ」とかだったら体全部までやってただろうけどなぁ。残念。


夢の立体化「お風呂大好き、しずかちゃん」(クリックで拡大) おっちょこちょいなドラ(クリックで拡大)

紗久那サスガにドラえもんではそこまでできないかと・・・ このフィギュアはコンビニでも売ってますし、買った子供の親から苦情の電話きちゃいそうですよ(汗)

かなりためになる付属のカード(クリックで拡大)
美由衣んなもん別にいーじゃん。こんだけマニアックならそこまでしてほしかったなーと。ま、このフィギュアは全部にカードがついてて、元となったシーンの解説とか細かく載ってて、読んでも面白いんだけど、このお風呂フィギュアは元のシーンの絵が載ってるから、それで満足しとくかね。

紗久那そーいえばさっき、レアシークレットとか言ってたけど、あれは何? このフィギュアが入っている箱にも「全7種類」って書いてあるし。

美由衣んと、このフィギュアのシリーズは全部シークレットに別ペイントバージョンがあるんだよ。それがレアシークレットということで全7種類になってるよーですわい。レアシークレット版のしずかフィギュアはドアの色が赤じゃなくてピンクになってて、これはアニメでのどこでもドアのカラーになってるみたいね。さらに付属のカードも内容が変わってるみたい。レアシークレットはホントに出にくいので、サスガに出なかったけどね。このフィギュアは箱買いすると、丁度6種類が2個ずつ揃うよーになってるみたいなんで、箱買いするときは2人で共同購入するといいみたいよ。あ、でもまだ売ってないかな? ワタシが買ったときはセブンイレブンの先行発売のなんでね。もしもうホビーショップとかで売ってるなら、そういう感じで買ってみてくれい。

紗久那あんまりそうそう箱買いする人もいないと思いますが・・・

美由衣基本だよ、基本。こーいうのはナ。ま、このフィギュアは塗りとか造形とかはそれほどスゴくはないんだけど、なんつーてもそれぞれのシーンのチョイスが物凄いツボに入る人がいると思うんだよね。そういう人にはこのフィギュア、1つでいーから買ってみると感慨深いと思うんで、どーすか一つ。きっとついまたもう一個という流れで買い出しちゃうからサ。とりあえずセブンイレブンでは売ってるんで、ちょっと覗いてみてくれなー。ちなみにウチの近所のセブンイレブンではもうなかったところもあったので、何件か見てくれな。

2004年10月11日

ベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章

紗久那はいはいこんにちわ~ 台風もやってきて大変な三連休ですが、いかがお過ごしでしょうか~? 悪天候で外出できないときはゲーム! ということで、今回はコレ、「ベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章」をご紹介いたしますよ~

美由衣もー何度言ってるかわからんが、紗久那は台風だろーが関係なく日夜ゲームしとるがな。・・・いちいちつっこむのもアレだし、話の続きどーぞ。マンガの「ベルセルク」は個人的に大好きなマンガなんで、ゲームも微妙に気になってたんでな。

紗久那はいっ♪ 原作は三浦建太郎さんの大ヒットマンガでお馴染みですよね~。今回のゲームは、以前に出たドリームキャスト版のゲームに続いて2度目のゲーム化になります。発売はサミーですが、開発は以前に引き続きユークスが担当。前回のゲーム「ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章」は本編の外伝となるオリジナルストーリーでしたが、今回のストーリーは原作でも存在するエピソード「聖魔戦記の章」のゲーム化となっているんですよ。

美由衣ベルセルクの「千年帝国の鷹篇」つーたら、単行本22巻以降の話かな。「聖魔戦記の章」は27巻までの話で、連載でも結構最近になるよーな話だよな。この話からガッツの旅に仲間が沢山入ってくるんだよね。魔法も前面に出てきたりでちょっと毛色が変わってきた感じもするお話だよなぁ。

紗久那そうですね~ 今回のゲームでも、仲間が助けてくれる仕様になっていますよ。仲間のコマンドを使うと防御力がアップしたり体力を回復したりと助けてくれます。一回つかうと暫く使えない仕様になっていたり、経験値を振り分けることでレベルを上げてあげて体力回復の量を上げたりもできちゃいます。あ、経験値は仲間だけじゃなく、自分のスキルをアップさせることにも使えるのでそっちで使うのがメインかな~。敵を倒すと経験値が手に入るんですが、敵を連続して倒し続けると「コンボ」が繋がっていって、コンボが切れた時にコンボの数に応じてボーナス経験値も貰えるのがうれしいですね~


敵出まくりでアドレナリンも出まくり 大迫力のボスバトル 経験値の振り分け画面

らびーなほほ~ それにしてもこのゲーム、物凄い数の敵が常にウヨウヨしておりますわねぇ~ キモチワルイ敵が多いようですし・・・

美由衣ベルセルクの世界は敵とかちょっとキモいデザインが多いからな~ 特にこの話では「クリフォト」っていう異世界みたいなところのヤツとかは異形の怪物ばっかりだしー

紗久那このゲーム、他のゲームと違って敵を倒したらすぐにまた敵が出るよ~になっているみたいで、倒しても倒しても全く数が減らないんですよね~ そのせいか、ゲームを進めるのを忘れて敵を倒し続けちゃって、ついコンボを繋げることに精神を集中していたり・・・ ゲームを進めるためにマップを移動して目的地に行くには必然的に「敵を倒さずにかわして進んでいく」ことが一番良いってことになっちゃうので、どーしても敵を倒してスッキリしてからゲームを進めたい人にはちょっと不満になるかもしれませんね~

らびーなたしかにゲームをするときにそういった進め方することがありますわ。

美由衣あとこのゲーム、やたら敵を殲滅するクエストみたいなのが多くねーか?

紗久那そうですね~ このゲーム、ボスキャラ戦へ行くまでの進め方として「マップの光っている場所まで行く」「そこで会話が進展する・場合によって一定の数の敵を倒すのが発生」「次の光ってる場所に行く」のパターンが多い感じがしますよね。マップも微妙に広いのでおつかいゲーム感が強い感じしちゃうんですよね~ あと基本的に原作に忠実に進展するんですが、オリジナルキャラクターとの話がちょこっとあって、そこでのバトルはちょっと面白いかな?

美由衣確かにマップは広いよなー ってワタシはプレイしないで紗久那のプレイを見てるだけだが。それにしてもボスキャラとのバトルはやたらカッコイイところが多いよな。この「カウンター」とか文字が出て剣劇が始まるのとかカッコイイな。

紗久那ボスのバトルはホントにカッコイイですね~。 このゲームのシステムとして、相手の攻撃を受ける瞬間にガードボタンを押すと、ダメージを食らわずに相手にダメージを与えることができる「カウンター」が発動するんですけど、これは格闘ゲームの投げ技のようにちょとした演出が出るんですよね。しかも原作に忠実な場面を再現するよ~な演出が多数盛り込まれてて、見てるだけでも面白いですよ~ 実はこのカウンター、ボスキャラ戦ではかなり有効で、敵が攻撃しそうだな~と思ったらちょっと連打気味でガードボタンを押しているとかなりの確立でカウンターが成功するので便利かも~。

美由衣ホントにカッコイイなー。寺院の前でのオーグルとケルピーとの戦いとか、使徒グンベルトとの戦いとかもスゲーな! あ、あと後半着て戦うあの「狂戦士の甲冑」もゲームで着るのがうれしーね。なんだか動きが動物っぽくなるし、剣振るのも変わるしで面白いしなー。これクリアしたら着っぱなしでゲームできるとかないんかな?

紗久那ん~、クリアするとボスとの連戦ができる「Boss Battleモード」と、クリアすると武器が入手できる10個のミッションが選択できる「100-animal murderモード」が追加されたりする特典はありますけど、そういうのはないっぽいですね~ 難易度選択を変えても特典は変わらないみたいですし~。確かにあの鎧で色んなところ暴れてみたかったですよね~ 今のところ発見されて無いだけかもしれないので、もしかして使えたら良いですね~

美由衣まーな。色々と雰囲気出てるゲームだな。たしかコレ限定版も出てるんだよな、確か。

もらったオマケゾッド
紗久那はい、ベルセルクのフィギュア関連でお馴染みの「ART OF WAR」さんの特製「ガッツのアクションフィギュア」が付いていたりしますね。そういえば予約特典では「ゾットのミニフィギュア」が付いてくるんですが、なんだか予約せずに貰っちゃいました。なかなかリアルですね~

美由衣ちっちゃいけどいー感じだな。ポーズも迫力あるし、これタダならウレシイな。

紗久那あとは単行本27巻の応募券をアンケートハガキに貼って送ると抽選で「ガッツの完成塗装済みスタチュー」がプレゼントということなので、単行本も買ってゲームも買った方は忘れずに応募するといいかもですね~。なかなか演出など楽しめるゲームですし、大体10時間もあればクリアできるので、迫力のアクションを楽しみたい方はこのゲームをプレイしてみてはいかがでしょうか~?

2004年10月08日

プロモデラー選手権作品「花言葉」

美由衣おっす~! 今日は久々おもちゃモノ、このプロモデラー選手権作品「花言葉」っつーガチャポンフィギュアをゲットしたので紹介だ!

らびーななんだか不可思議なタイトルですわねぇ。プロモデラー選手権??

TVチャンピオン放送時のフィギュア
紗久那あ、それ見てましたよ! テレビでやってる「TVチャンピオン」のやつでしょ? 随分前に「燃えろ!万物創造バトルプロモデラー選手権」の回があって、それの決勝で「オリジナルのガチャポンを作る」ってお題になったんですよね。それで準優勝したフィギュアがコレってことで~。そーいえばまだHDDのビデオにその番組残ってたよ~な・・・ あ、あった。これですよ、これ~!

美由衣そそ、このフィギュアがやっと商品化になったんだーね。優勝作品の「にっぽん立体名所絵巻」はもう既に商品化されてたんだけど、準優勝の方は番組でも特に商品化するとか言ってなかったけど、こっちも商品化されたんだね。どっちかというとコッチのほーが大きいおにーさんが買いそうな作品だしなー。作者の亜野MEGA郎さんはおじゃ魔女どれみのフィギュアで海洋堂のワンダーショウケースのキットとして選ばれたりしていて、女の子のフィギュアでは有名な方だね。

紗久那ほほ~ これ、ちゃんとカワイイし、お花もよくできてるし、なかなか面白いフィギュアですよね~ ちゃんと花言葉にあった感じにキャラクターのポーズとかができてるんですね~。この「パンジー」は「もの想い」、となりの「コスモス」は「乙女の心」ということで、ちゃんとソレっぽいですよね~ 台座が花壇みたいになってるし、ちゃんと花もおっきくできてて面白いな~


パンジー「美貴」とコスモス「梨華」(クリックで拡大) チューリップ「なっち」とひまわり「真理」(クリックで拡大)

美由衣この花のパーツが組み立てるの意外と手間取るんだよね~ 同じようなパーツなんでネ。しかも組み立て図とかなくて、付属のブックの写真を頼りにやらなきゃいけないんで、ちょっと手間取っちゃったよ。でも花とかよーできてるし、いー感じだからおっけーかな。次の「ひまわり」と「チューリップ」だけど、未だ後ろのチューリップがちゃんと組み立ててるのかワカランのが微妙だ。ちゃんと見えるからいーかな。

らびーな「ひまわり」の花言葉は「あなたを見つめる」、「チューリップ」は「恋の告白」ですわね。そしてこちらの5人目は・・・?

美由衣テレビの時は4人しか作ってなかったけど、今回はシークレットでもう一人分追加になってるんだーね。これは何の花だろ?? シッポがあるし、ちょっと子悪魔的雰囲気があるキャラだねー。

紗久那ですね~。亜野MEGA郎さんのHPの、このフィギュアの紹介のページを見ますと、キャラクター全員某アイドルを連想させる名前が付けられているみたいですね。多分シークレットのこのキャラクターもそのアイドルの名前がついてるのかな~?


シークレットの娘さん(クリックで拡大) いいかんじの等身の造形(クリックで拡大)

美由衣ほうほう。それにしてもこのフィギュア、ちょっとキャラがちっさめだけど顔とかしっかり塗れてるし、なかなかいーんだよね。個人的にこの等身のキャラクターってのもツボなのでちょっとウレシイし。種類も5種類と集めやすいし、みんなもどっかで見かけたらガチャっとやって集めてみるのもいーんじゃないかと。フィギュアのみのオリジナル女の子作品ってのもかなり珍しいしナ。

2004年10月05日

コミックレヴォリューションに行ってくる

開場時の様子
美由衣おいーっすっ。今回は週末に行われた、「コミックレヴォリューション」という同人誌即売会のお話じゃー。ウチの店長が暗躍するってんで付き添いで参上って感じなんだけど、雨降ってるし大変だなぁ。Cレヴォは老舗のイベントで、もう10年以上前からやってる即売会なんだって。場所も池袋のサンシャインシティにある、ワールドインポートマートって会場とかを使って開催されてるんだけど、なんつーても狭い会場に物凄い人が来るんで会場の中はラッシュアワーみたいな感じでもー大変。つーことで何回か会場をコミケとかワンフェスと同じビッグサイトにしたこともあるんだけど、今回はちゃんと池袋開催だ。

らびーな当店の店長の所属する謎のサークル「小岩魔王軍」では、活動の中心地を池袋と定めているようで、ビッグサイト開催の時は参加せず池袋開催時には参加しているご様子。お話を聞いてみますと、どうやらただ遠くてめんどくさいダケのご様子ですわよ。

紗久那物凄い分かりやすい理由だけど、ひどいなぁ。まぁ店長のことはおいといて、一応ここに来たんですし、ちょいとウロチョロと見たりしてきましょ~よ。

美由衣ふふふ、紗久那が手伝いしてるうちに、ちょこっと買って来ちゃったよ。ほんのチョットだけど、この前のコミケでコピー誌版は買った「大嶋優木原画集」のオフセ版とか、フィギュア付き同人誌とかナ。

紗久那いつのまに・・・ ワタシは店長の手伝いやらされてたのに・・・(泣) ちなみに店長のところはTYPE MOON本でした。こんな感じで。でも店長のマンガはヒトコマもTYPE MOONのキャラが描かれてないマンガだったようで・・・


店長のサークルの机の様子 今回の本の美麗表紙

美由衣なんじゃそら。インチキみたいだな。

らびーなでもまぁサークルの他のお三方はちゃんと趣旨に沿った内容でしたようですので、大丈夫かと。

紗久那謎な本でしたが、お昼には完売したご様子で、本当にありがとうございます~ いつも購入されている方もいらっしゃるようで、ありがたいことですね。

美由衣ふーん。とりあえず表紙は魔王軍リーダー(?)の氷山あずき氏の絵でカッコイイし、それだけでもいーかな。前向きに考えるとナ。冬コミは受かったらオフセでなんかやるみたいだそーで、とりあえず頑張って、売り上げで肉でも食わせてほしーな。そんだけだ。

紗久那というわけで雨の中のイベントでした~。なんとこのCレヴォ、次回が最後となるみたいです。次回申込書には「コミックレヴォリューション37 FINAL」と書いてあるので、多分最後のようで・・・ もしかしたら仕切り直しとか一旦休止とかかもしれませんが。詳しくは公式ページに発表とかされるかもしれないので、チェックしときましょうね。

らびーなというわけでそろそろイベント会場から退散しましょうか。会場からはすぐにサンシャインシティのショッピング街に繋がっているのが他のイベントとは違うところですわよね。イベント会場の入り口に普通の家族連れが迷い込んで、異様な光景を目にして退散していく姿が見れるのはなかなか無いものですわね。

紗久那そんな所はあまり見たくないけど・・・ でもまぁ買い物とかもできるのはい~ですよね~ 雨ですし中を通っていくのがよさそうですね。サンシャインシティは進むと噴水広場があって、色々イベントやストリートパフォーマーさんが芸を披露していたりもするし、今日は何かやってるかな~・・・ 何!!あれは!


謎のリアル系どうぶつと群がる子供

美由衣動物のヌイグルミだ! でも怖っっ!! なんであんな微妙な感じなんだ・・・ でも子供はちゃんと食いついてるな。なんだか一体全体なんのイベントなんだ・・・? 動物のきぐるみというか、マスクだけの感じが・・・ 物凄く異様な感じ漂ってるな。

紗久那・・・といった感じで、同人誌イベントとは関係ないところで謎を残しつつ、お話を終わりたいと思います・・・ もしこの謎の動物マスクタキシードの詳細を知る方がいらっしゃいましたら、是非ともお教えくださいね。ではでは・・・