« ケロロ軍曹 メロメロバトルロイヤル | メイン | 年末に出るゲームを考える »

らびーな皆さん御機嫌ようございます~。 なにやらとっても寒くなって参りましたけれども、風邪などひいていらっしゃいませんでしょうか? ちょっと流行ってきてるようなことをお聞きしましたので、皆さんお気おつ下さいまし~

美由衣たでーまー。ホント外さみーなー。あ、紗久那、ほいコレ。頼まれてたやつ入手しといたぞ。結構探して大変だったんだよなーコレ。

紗久那あ、ありがとう~! これでようやくゲットできました!「SR セガヒストリーコレクション」! 前回の「Nintendo HISTORY COLLECTIONファミリーコンピュータ編 」も良かったので、出るの楽しみにしてたんですよ~ 前に「メガドライブ大全」の紹介の時に、先行でメガドライブの海外版「ジェネシス」のフィギュアが付いてきてたので、デキは大体理解してたんですけどネ。今回は全部で6種類のラインナップで、セガの多彩なハードの歴史が一望できちゃうんですよ~!

美由衣紗久那ノリノリだな。でもまーこーやってみるといろんなのあるなー。「セガサターン」とかは遊んだことあるけどな。それ以前のは紗久那も持ってたっけ?

紗久那ワタシは持って無いですけど、一応色々いじらせてもらったことあるんですよ~ どのハードも個性的なタイトルがプレイできました名機ですからね~ さて、順を追って紹介していきましょうか。
 まずはこれ、「セガマークⅢ」!マークⅢと言う名の通り、「SG-1000」(Ⅱ)「SC-3000」に続いて3番目のセガハードということでこの名が付けられた名機ですね~。「カートリッジ」の差込みスロットと「マイカード」と呼ばれるカード状のカートリッジのスロットの2つのスロットが差し込める仕様になってるのが面白いですよね。最近だと、ニンテンドーDSがGBAのカートリッジスロットとDSのソフトのスロットの2つある仕様ぐらいですからね。あ、MSXでは機種によっては2個スロットがあるやつもあるけど、あれは同じサイズだからチョット違うかな。で、2つのスロット以外にも、前の機種のソフトもちゃんと対応してて、ソフトの数はかなりのものだったんじゃないかな。でもでも、マークⅢといえば「ゴールドカードリッジ」! この大容量を生かしてアーケードで大人気だった「ファンタジーゾーン」「スペースハリアー」が堪能できる!ということで、ゲーム好きの人は魅力的なハードとして受け入れられていたみたいですね~。他にも「北斗の拳」「スケバン刑事Ⅱ」「ファンタシースター」など、オリジナルのソフトもなかなかですよね!


セガマークⅢ(クリックで拡大) マスターシステム(クリックで拡大)

らびーな紗久那さん、とてつもなく長いゲームの思い出話ですけれども、フィギュアの話までは至っていないですのね・・・ フィギュアの方はホントに小さいですけれども、カートリッジの絵までちゃんと印刷されておりますし、よくできておりますわね~

紗久那ですね~! カートリッジは「ファンタジーゾーン」、マイカードの方は「ティディーボーイブルース」ですね。BGMは、タレントの石野陽子さんがアイドル時代、デビュー曲として歌っていた曲になってたりしてますね~ タイトルもゲームと同じだったようで。・・って、また話がそれてきた(汗) ゲーム本体の横に装着されているのはFM音源ユニットで、「アウトラン」からFM音源に対応したソフトが発売されて、これを付ければゲームセンターのような迫力ある音楽を鳴らすことができるステキな装置でした。その後このFM音源ユニットが内蔵されたマークⅢとして、連射装置や3Dグラスが装着できるなどの付加がされたハードがこの「マスターシステム」! このボディの黒がシックな感じで今でも通用するかもしれないカッコ良さがありますよね! もともとマスターシステムは海外版のマークⅢのデザインのようだったみたいで、なんとなくデザインがそれっぽい印象もありますね~ フィギュアもその大人っぽい印象そのままミニチュア化されておりますよ。付属のカートリッジは「ファンタシースター」と「忍者プリンセス」。忍者プリンセスは、ドットキャラクターも当時としてはカワイイゲームで、なかなかの人気があったソフトですよね~

美由衣ですよねーって言われても知らんが・・・ でもまーたしかに結構カッコイイデザインかもしれんな。・・・そして、次はあの前回見た、ゴキブリみたいなメガドライブか。今回はやたらとなんかゴテゴテしてるな・・・


メガドラタワー(クリックで拡大) メガアダプターとソフト(クリックで拡大)

紗久那ゴキブリじゃないってば! 今でも根強いファンを持つ伝説のハード、「メガドライブ」ですよ! しかも今回は付属パーツとして、マークⅢのソフトが遊べる「メガアダプタ」まで付いてくる豪華さなんですからっ。そしてもうひとつ、こちらのフィギュアはメガドライブを最強へと導く伝説のアイテム「メガCD」もフィギュア化! なおかつ付属パーツとして「スーパー32X」までフィギュア化ですよ!

美由衣どーでもいーけど、「スーパー32X」ってスゲー名前だなぁ。なんか爆弾の名前みたいだし。

紗久那・・・たしかに名前スゴイですよね。「スーパー」な上に「X」付いちゃってますし・・・ でもでも、後続機が出たあとに強引にパワーアップ追加ハードを出して、ソフトも18本しか出なかったという、ちょっと可愛そうなハードですので・・・ ちなみにフィギュアの付属ソフトは、あの「バーチャファイター」! もうサターン版も出ちゃった随分後に出た32X版ですけど、トーナメントモードやカメラ視点の変更ができるなどのオリジナル要素がついていたようですけど・・・ でも、あのメガドライブで遊べることができたということに意義があるんでしょうね。あ、他にこのフィギュアの付属として「ソニック・ザ・ヘッジホッグ」「夢見館の物語」のソフトも付属してますよ~ メガドライブのフィギュアに付属するソフトは「ソニック」か「エイリアンソルジャー」のどちらかのカートリッジが付くようです。「ソニック」は、セガの看板キャラクターとしてお馴染みですが、「エイリアンソルジャー」はメガドライバーの心のソフトですから、両方そろえたくなっちゃいますね~ 「メガCD」のフィギュアはちゃんとフロントローディングの開閉も再現できていますし、メガドライブのフィギュアと32Xを使ってメガドラタワーを建造するのもまた一興かと。メガドライブの話は前にやったので、これぐらいかな~

らびーなもう十分長いとおもわれますので、次に行きたいと思います。次はもうウチにもありますハード、「セガサターン」ですわね。これならプレイしたこともありますわねぇ~

セガサターンとソフト(クリックで拡大)
紗久那セガ6番目のハードは、太陽系6番目の惑星の土星にちなんで付けられた「サターン」ですね。プレステと一騎打ちを演じて序盤は先に100万台突破するなど善戦したものの、FFやドラクエがプレステで出てしまうことで一気にトップの座から転落していってしまったのは記憶に新しいところ。でもソフトはいいソフトが満載で、2D格闘のゲームやシューティングゲームでは未だにサターンしか移植されていないソフトも多いので、現役で使っている人も多いんじゃないかな~? ちなみにウチのサターンは最近動かしてみたら何故だかウンともスンとも言わなかったです・・・(涙)

美由衣うわ、壊したんだ。ヒデー。

紗久那こ、壊してはいないんですけど・・・(泣) き、気を取り直して、最後のハード「ドリームキャスト」を・・・ って、これはまだまだ今でも細々とソフトが出てますし、なんとか現役かもですね~ アーケードでは同一ハードの「NAOMI」の規格のソフトがまだ存在してたりもしますし。あと、まだサミーとセガが合併する前からですけど、サミーはドリームキャストのグラフィックチップをパチンコ、パチスロの液晶表示用チップとして使用したりしてますね。ちなみにタイトルとして「猛獣王」「北斗の拳」等に使われてるみたいで、どれも超ウルトラ大ヒットのパチスロ機ですよね~ 「北斗の拳」に至っては、パチスロ筐体が60万台という物凄い売り上げで、一台大体30万~40万円する筐体で、その売り上げは・・・ と、うちの喫茶店の営業規模からは遥か彼方な売り上げ。そんな超ヒットの筐体の一部に、ドリームキャストの魂が少し宿っていると思うと、ちょっと感慨深いものがありますネ・・・ ちなみに今週ですけど、サミー会長の里美さんの持ち馬、「サトノケンシロウ」が、新馬戦で勝利したそうです。パチスロにあやかった名前みたいですけど、物凄い馬の名前ですよね・・・


おなじみドリームキャスト(クリックで拡大) ソフトとビジュアルメモリー(クリックで拡大)

美由衣どうせなら「サトノコクオウゴウ」とかだと他の馬踏み潰しそうでいーかんじだがな。強そーだし。って、なんで馬の話になっとるんっ! フィギュアの話だってば。フィギュアはなかなかなんじゃない? なんつーてもこの米粒みたいなサイズのビジュアルメモリーが、ちゃんとキャップはずせてコントローラーに装着できちゃうし、こりゃすごいや。ミニチュア感満載だ。

紗久那たしかにこの造形は細かいですね~ 付属のソフトは「スペースチャンネル5」。これは主人公うららの人気が一般にも広く知れ渡ったソフトですよね。イマイチ売り上げには繋がらなかったかと思いますが、突き抜けた話の展開はなかなか面白かったソフトですね。最近はまったく展開もないですけど、また新しいうららの姿も見て見たい気もしますよね~ と、いうわけで、なんとか説明終わったかな?

らびーな脱線しまくりでございましたが、なんとか。フィギュアの紹介と言うよりは、ゲームハードの解説といった感じでございましたが。

紗久那あはは・・・たしかにホトンドそんな展開で、その上長い話になっちゃってゴメンなさいね~(汗) ついつい熱くなっちゃうので・・・ でもでもこのフィギュア、なかなか細かくって、ひとつぐらいガチャポンをまわしてゲットするのをオススメしますよ~! きっと気に入ると思いますのでネ!