« プロモデラー選手権作品「花言葉」 | メイン | コミックテイストフィギュア ドラえもん第3弾 ~さようなら、ドラえもん編~ »

紗久那はいはいこんにちわ~ 台風もやってきて大変な三連休ですが、いかがお過ごしでしょうか~? 悪天候で外出できないときはゲーム! ということで、今回はコレ、「ベルセルク 千年帝国の鷹篇 聖魔戦記の章」をご紹介いたしますよ~

美由衣もー何度言ってるかわからんが、紗久那は台風だろーが関係なく日夜ゲームしとるがな。・・・いちいちつっこむのもアレだし、話の続きどーぞ。マンガの「ベルセルク」は個人的に大好きなマンガなんで、ゲームも微妙に気になってたんでな。

紗久那はいっ♪ 原作は三浦建太郎さんの大ヒットマンガでお馴染みですよね~。今回のゲームは、以前に出たドリームキャスト版のゲームに続いて2度目のゲーム化になります。発売はサミーですが、開発は以前に引き続きユークスが担当。前回のゲーム「ベルセルク 千年帝国の鷹篇 喪失花の章」は本編の外伝となるオリジナルストーリーでしたが、今回のストーリーは原作でも存在するエピソード「聖魔戦記の章」のゲーム化となっているんですよ。

美由衣ベルセルクの「千年帝国の鷹篇」つーたら、単行本22巻以降の話かな。「聖魔戦記の章」は27巻までの話で、連載でも結構最近になるよーな話だよな。この話からガッツの旅に仲間が沢山入ってくるんだよね。魔法も前面に出てきたりでちょっと毛色が変わってきた感じもするお話だよなぁ。

紗久那そうですね~ 今回のゲームでも、仲間が助けてくれる仕様になっていますよ。仲間のコマンドを使うと防御力がアップしたり体力を回復したりと助けてくれます。一回つかうと暫く使えない仕様になっていたり、経験値を振り分けることでレベルを上げてあげて体力回復の量を上げたりもできちゃいます。あ、経験値は仲間だけじゃなく、自分のスキルをアップさせることにも使えるのでそっちで使うのがメインかな~。敵を倒すと経験値が手に入るんですが、敵を連続して倒し続けると「コンボ」が繋がっていって、コンボが切れた時にコンボの数に応じてボーナス経験値も貰えるのがうれしいですね~


敵出まくりでアドレナリンも出まくり 大迫力のボスバトル 経験値の振り分け画面

らびーなほほ~ それにしてもこのゲーム、物凄い数の敵が常にウヨウヨしておりますわねぇ~ キモチワルイ敵が多いようですし・・・

美由衣ベルセルクの世界は敵とかちょっとキモいデザインが多いからな~ 特にこの話では「クリフォト」っていう異世界みたいなところのヤツとかは異形の怪物ばっかりだしー

紗久那このゲーム、他のゲームと違って敵を倒したらすぐにまた敵が出るよ~になっているみたいで、倒しても倒しても全く数が減らないんですよね~ そのせいか、ゲームを進めるのを忘れて敵を倒し続けちゃって、ついコンボを繋げることに精神を集中していたり・・・ ゲームを進めるためにマップを移動して目的地に行くには必然的に「敵を倒さずにかわして進んでいく」ことが一番良いってことになっちゃうので、どーしても敵を倒してスッキリしてからゲームを進めたい人にはちょっと不満になるかもしれませんね~

らびーなたしかにゲームをするときにそういった進め方することがありますわ。

美由衣あとこのゲーム、やたら敵を殲滅するクエストみたいなのが多くねーか?

紗久那そうですね~ このゲーム、ボスキャラ戦へ行くまでの進め方として「マップの光っている場所まで行く」「そこで会話が進展する・場合によって一定の数の敵を倒すのが発生」「次の光ってる場所に行く」のパターンが多い感じがしますよね。マップも微妙に広いのでおつかいゲーム感が強い感じしちゃうんですよね~ あと基本的に原作に忠実に進展するんですが、オリジナルキャラクターとの話がちょこっとあって、そこでのバトルはちょっと面白いかな?

美由衣確かにマップは広いよなー ってワタシはプレイしないで紗久那のプレイを見てるだけだが。それにしてもボスキャラとのバトルはやたらカッコイイところが多いよな。この「カウンター」とか文字が出て剣劇が始まるのとかカッコイイな。

紗久那ボスのバトルはホントにカッコイイですね~。 このゲームのシステムとして、相手の攻撃を受ける瞬間にガードボタンを押すと、ダメージを食らわずに相手にダメージを与えることができる「カウンター」が発動するんですけど、これは格闘ゲームの投げ技のようにちょとした演出が出るんですよね。しかも原作に忠実な場面を再現するよ~な演出が多数盛り込まれてて、見てるだけでも面白いですよ~ 実はこのカウンター、ボスキャラ戦ではかなり有効で、敵が攻撃しそうだな~と思ったらちょっと連打気味でガードボタンを押しているとかなりの確立でカウンターが成功するので便利かも~。

美由衣ホントにカッコイイなー。寺院の前でのオーグルとケルピーとの戦いとか、使徒グンベルトとの戦いとかもスゲーな! あ、あと後半着て戦うあの「狂戦士の甲冑」もゲームで着るのがうれしーね。なんだか動きが動物っぽくなるし、剣振るのも変わるしで面白いしなー。これクリアしたら着っぱなしでゲームできるとかないんかな?

紗久那ん~、クリアするとボスとの連戦ができる「Boss Battleモード」と、クリアすると武器が入手できる10個のミッションが選択できる「100-animal murderモード」が追加されたりする特典はありますけど、そういうのはないっぽいですね~ 難易度選択を変えても特典は変わらないみたいですし~。確かにあの鎧で色んなところ暴れてみたかったですよね~ 今のところ発見されて無いだけかもしれないので、もしかして使えたら良いですね~

美由衣まーな。色々と雰囲気出てるゲームだな。たしかコレ限定版も出てるんだよな、確か。

もらったオマケゾッド
紗久那はい、ベルセルクのフィギュア関連でお馴染みの「ART OF WAR」さんの特製「ガッツのアクションフィギュア」が付いていたりしますね。そういえば予約特典では「ゾットのミニフィギュア」が付いてくるんですが、なんだか予約せずに貰っちゃいました。なかなかリアルですね~

美由衣ちっちゃいけどいー感じだな。ポーズも迫力あるし、これタダならウレシイな。

紗久那あとは単行本27巻の応募券をアンケートハガキに貼って送ると抽選で「ガッツの完成塗装済みスタチュー」がプレゼントということなので、単行本も買ってゲームも買った方は忘れずに応募するといいかもですね~。なかなか演出など楽しめるゲームですし、大体10時間もあればクリアできるので、迫力のアクションを楽しみたい方はこのゲームをプレイしてみてはいかがでしょうか~?