« ファミコンミニ ディスクシステムセレクション コレクションBOX届いたよ | メイン | 東京ゲームショー2004に行ってくる »

紗久那みなさんこんにちわっ 今日もまたまたゲームのお話でいっちゃいますよ~ 夏休みのお出かけラッシュや美由衣のおもちゃのお話が多かったので、買ってクリアしてあるゲームもいっぱいあるんだけど、全部ご紹介できずじまいな感じな今日この頃。サクっとご紹介致しましょう~ というわけで、今回はコレ「ファイナルファンタジーI・II アドバンス」ですよ~

美由衣まームリに全部やったゲームを紹介せんでもえーがな。んで、なんでまたGBAのやつの紹介を? 紗久那は最近ネットのFF買ってきてプレイしてるんじゃなかったっけ?

紗久那あ、はい、オンラインRPGの「ファイナルファンタジーXI」の追加ディスク「プロマシアの呪縛」は買って来てプレイ始めたんですけど、特に毎日プレイしているわけではないし、丁度GBAの方をちょくちょく進めてたら大体全部クリアしたので、ご紹介をと~

らびーなそういえば休日の夜は紗久那さんFFIXをプレイしておりましわたねぇ。

紗久那「プロマシアの呪縛」は、新しいミッションが結構ちゃんと準備しないといけなくて、お知り合いの方々と時間合わせてミッションを遂行しているので、休日の夜とかでプレイしているんですよね。今回最初の3つのダンジョンとバトルフィールドはレベル30制限だったり、つぎはレベル40制限だったりと、それほど高くないレベルで進められるので、沢山の冒険者が進めてて大賑わいなんですよ~ バトルフィールドまで進むのになるべくフルアラの18人で進んだ方がラクなので、ちょっとしたお祭りっぽい感じになってますよ。あとレベル30あたりの装備が高騰してたりしてるのが面白いです(笑) そしてこのミッションでは、あのFFお馴染みの召還獣「バハムート」がストーリーに絡んできたり、あとどうやらまだ未確定情報ですけど、FFVで強大な敵として立ちふさがった「オメガ」も出てくる?等のウワサ情報もありまして、FFシリーズのネタをあらゆる形として取り込んでくる「FFXI」ならではって感じですよね~
 って、プロマシアの話じゃなくて、GBAのFFの話をすすめなければっ どうしてもゲームの話だと脱線が多くてタイヘンだ・・・

美由衣まったく、脱線はいーから話すすめんかいな。このGBAのFFI・IIは、リメイクなんだよね。IとかIIとかは散々移植したりリメイクしたりしてるよーな気がするが。

紗久那IとIIはいっぱいリメイクしてますね~ 最近では携帯電話でIが、そしてつい先日発表でIIも出るみたいだし、初代のファミコンからワンダースワンやプレイステーション等に移植されてますね。でも今回のGBA版はこれら移植とはちょっと力の入り方も違う、オマケ要素も追加して再調整した移植版になってるんですよ~

美由衣ふ~ん。サスガに何度もおんなじことしたんじゃ、みんな買わないもんなー。


ソウル・オブ・カオスの不思議なダンジョン ギルガメッシュさんと対決

紗久那そ~ですね(汗) 変更点として、システムのバランスを再調整しているのが大きいですよ~。特に、Iではウィザードリーを連想させる魔法レベルごとのポイント制のMPシステムを廃止して普通のRPGの魔法システムで馴染み深い、魔法ごとに私用するMPコストが決まっているシステムに変更になってます。これで弱い魔法なら使いまくれる簡単なものになっているので、気軽に遊べる感じですね~ そしてオマケ要素の追加ダンジョン「ソウル・オブ・カオス」が追加となってます。この追加ダンジョンでは本編で入手できない強力なアイテムが入手できるんですが、それを守っているのがFFの歴代中ボス達! 4つのダンジョンでそれぞれFFIII、IV、V、VIの4つのFFの中ボスが登場するんですよ~ もちろんVではギルガメッシュやオメガ、神竜、VIでは魔列車と、なかなか懐かしいボスが出てきて面白いですよネ。ダンジョンはかなり長くてただ進むだけじゃない構造になっているので、ゲームをクリアしたキャラクターを使ってやりこむこともできますね。

美由衣ほー。結構かわってるんだーね。グラフィックはむちゃくちゃキレイになってるから、それでいーかなーと思ったんだけどな。

紗久那確かに単純にグラフィックがキレイになってるのだけでもちょっと嬉しいですよね。あとなんといっても「いつでもどこでもセーブできる」っていうのもかなり大きいと思いますよ! GBAは移動の合間などにちょこっとだけプレイすることも多いので、ヒマな時間にちょこっとずつ進められるのは大きいですよ~

らびーな確かに、気軽にプレイできるのは大きいですわよねぇ。


ソウル・オブ・リバースの不思議なダンジョン IとIIをクリアすると出るサウンドモード

紗久那ですよね~ さてさて「II」の方ですが、グラフィックやバランス調整など「I」と同じように修正されてますが、追加要素として「ソウル・オブ・リバース」として、新しいシナリオが独立しており、クリアするとプレイできるようになります。これは「II」で死亡したキャラクターが主人公になって、死後謎のダンジョンで目覚めるところからはじまりまして・・・という感じでゲームがスタートします。このシナリオ、本編でキャラクターが死亡したときのステータスを引き継いでいるらしく、最初のキャラクターとかはゲームが始まった時点でギリギリ勝てるかどうかという物凄い厳しいバランスでゲームがスタートする上に、回復するところまではかなり先まであるので、なんだか一番最初が一番大変なような辛目のバランスになってるんですよ~ しかも最後のダンジョンは、ゲーム本編の最後のダンジョンぐらいの強さがあるので、短いダンジョンでかなりのスパルタ成長をしないといけない感じでラスボスへとなだれ込む、なんだか昔のパソコンのRPGをやっているよ~なとがったバランスのゲームになっていて、意外と楽しめたかも? もしかしたら辛くてプレイするのをやめちゃう人もいるかもしれませんが、気軽にセーブができるGBAですし、粘り強くプレイしてみてはいかがでしょうか? ちゃんとエンディングもありますし~

美由衣なんかきびしそーな話だなぁ。まーでも紗久那は楽しんでクリアしたみたいだし、結構プレイできるんかな?

紗久那はい、本編はとにかく簡単にクリアできると思いますし、無理して追加部分をクリアしなくても良いですしね。PS2などのゲームと違ってアクセスする時間もなく、とにかくサクサクと進むゲームはついつい長時間ぷれいしちゃったりして、意外と楽しめるのが良いんですよ~。ソフトの値段も安めですし、移動中などの開いた時間にオススメのこの作品。気になったらプレイしてみて下さいネ。